イタリア留学

イタリアへ荷物(船便)を送る場合

日本からイタリアへ船便の荷物を送りました。

今回の中身は食材と布と服とサーキュレーター。
*サーキュレーターとは部屋の空気を循環させる小さな扇風機のようなもの。もちろん電圧変換機を通さないとイタリアでは使えませんが。。

船便は箱が結構くしゃくしゃになるので、箱を2重にしました。
同じ大きさの段ボール箱を買ってきて、中に入れる箱はカッターで少し小さめに加工し、2重の段ボールの完成!

そして中に食材などを詰め込んで、大事なものや濡れたら困るものは袋に入れる
(水没する可能性があるらしいので)

そして品数が多いので、別にインボイスを作成する。
(インボイスの作成方法は郵便局のHPで確認する事ができます)

インボイスの内容物の金額は合計を30ユーロ以下(20ユーロ代)に抑えて記入。
(もちろん全ての品目について記入し、各自の金額と数量を書きました)

そして、箱を梱包し、ガムテープでぐるぐる巻きにする。更にビニール紐でぐるぐる巻きにする。
(税関検査を逃れるため)
最後に紐の上に持ち手を付けて完成! と言った具合です。

これで日本→イタリアは2~3ヶ月で到着するでしょう。

で20キロで12000円前後。
空港で超過料金を払う事を思えば安いものです。

今回私も初めて知りましたが、イタリアへの荷物は最大が20キロ、3辺の合計は150センチ以内でないとダメらしいです。
みなさま気をつけてくださいね!
スポンサーサイト

INA保険

イタリア留学時の海外保険、イタリアで加入すると1年98ユーロでいけるんです。
(半年だと48ユーロ)

この保険はビザ申請でも通る保険(なぜだかは不明)

ということで今日郵便局へ行き、保険の手続きを聞いてきました。


が。。。。。。。。

我が家からほんの20Mほどの距離の郵便局。

おじさんはすごく丁寧で良いんだけど、

「INA保険? 知ってるけど、振込先や金額がわからないと入れないよ」

の一言。

「え”????」

何も聞いてなかったので(というかほかの郵便局では担当員が丁寧に教えてくれるらしいのだ)焦ってしまいました。

で調べてみました。

郵便局へ行き、下記を書いた紙を局員さんに見せればOK.
そしてその半券が控えになるようです。

Per l’assicurazione sanitaria noi consigliamo L’INA ASSITALIA: una polizza molto vantaggiosa riconosciuta dalle ambasciate italiane. Il prezzo ? conveniente: sei mesi 49,00 Euro, dodici mesi 98,00 Euro.
Basta effettuare un semplice versamento su

C/C postale n. 71270003
intestato a INA Assitalia Agenzia Generale di Roma “conto 20″
via del Tritone 18 , 00187 Roma
indicando il nome della citt? di soggiorno e come causale “polizza sanitaria stranieri”.



そしてほかの郵便局で無事手続き完了。
紙を見せると局員さんが確認してくれて、
送金用の用紙をくれ、記入後もチェックしてくれました。

あとはお金を払って終了。

保険も無事に入れたし、もうすぐ日本帰国。

そして恐怖のビザ申請が待っています。

最終日

明日が学校の最終日になりました。

歴史の授業、先生はめちゃくちゃ良い人ですごく楽しかった。
数学は、ちょっとオタッキーな感じのウブな先生、生徒に軽くからかわれて、一緒にはしゃいで。
なかなか楽しい先生でした。
物理の先生、かなりパワフルな女性。質問をすると「え”?」って大きな声で聞いてくる。
でもポイントはちゃんとおさえた授業だったので、基礎がある人にはわかりやすい授業だった。

そしてクラスメートのイスラエル人。
みんないい子たちばかりで楽しかった。
最近では、イスラエル名「MALCA」と名付けてもらい、
授業前には黒板にイラストを書いて、「君へ」みたいなメッセージを込めてくれたりした。
(イラストは、毒きのこ。食べたら危険だよ~ってやつ。意味不明だけど)

結局、試験勉強も物理まで時間的余裕がないので捨てることにしました。
で、LOGICAとCULTURA GENERALEを気合い入れてやりなおすことに。


そして月曜日に日本へ帰国します。
関空についたらうどんを食べる。
そして家であったかいお風呂に浸かる。(って日本は酷暑だったっけ?)

そして慣れ親しんだベットでゆっくりねる。(実際そんな時間はないんだろうけどね)

なんてささやかな夢なんだろう。。(笑)

Logica

最近の授業でLogicaの問題もするようになってきた。

Logicaとは論理学。
「論理学とはことばとことばの関係を問題にする学問であり、 そのことば自体を検証する学問ではない」

問題は、「○○が正しいならXXは正しいか」という形式が多いのだけど、
非常に混乱を招くのである。

今日の問題は、
1. Se due polinomi hanno lo stesso grado complessivo sono uguali e viceversa.

2. Il grado del polinomio prodotto e' uguale alla somma dei gradi dei polinomi fattori.

3. Il binomio notevole xn + an (xのn乗+aのn乗) e' sempre divisible per (x + a )

これを Vero(正) / Falso(誤) に分けるのです。

結構悩むでしょ?

答えは、
1. Vero
2. Vero
3. Falso

でした。出来たかな?

少し分るようになると、クイズみたいで結構楽しめます。
中には本当に数字のパズルのようなものもあり、気分転換で勉強できる感じです。

ただし、単語は見た事もないようなものがい~っぱ出てくるので、
非常に混乱しますが。。。

Dov'e' il libro?

レッスンの中でこんな話題があった。

Dov'e' il libro?

答えとして、「多分机の上にある」と言うのに下記の答え方がある。

1) forse sul tavolo.
2) magari e' sul tavolo = e' possibile che sia sul tavolo.
3) secondo me, e' sul tavolo
4) Penso che sia sul tavolo
5) sara' sul tavolo
6) dovrebbe essere sul tavolo.

この中で、よく使うのは、5と6、
5.はほぼ間違いないであろうことに使い、6は90% のsicrezzaで使うらしい。

自分を振り返ると、一番簡単な、forse~か、4の Penso che sia を良く使ってる気がしたので意外でした。

やっぱりイタリアで何が一番自然な言い方かを学ぶのは大事なんだと感じたLezioneでした。

ミラノでの学校生活

昨日からミラノでの語学学校の授業が始まった。

クラスには、日本人3人、韓国人3人(か4人)、台湾人、ブラジル人、イスラエル人が4人ほど。全部で13~4人位かな。

何が大変って、クラスメートの名前を覚えるのが難しい。
私は、わざとカタカナでノートの端に名前と特徴を書いて日々お勉強です。(笑)

さて、学校ですが、クラス分けのテストの結果、livello 4でした。
思ったより出来が悪かったのか、接続法が完璧じゃないと言ったから、これから学ぶクラスに入れてくれたのか、話す方が不十分だからか。

とにかく頑張らないとね。。。(汗
大学準備コースに入れなくなってしまうのだ。。。
(同居人に、”頑張らないとヤバイよ~~”と脅されて、焦る日々。)

学校は午前9:00から12:40まで。
途中10分ほどの休憩を挟みます。

12:00を超えるとおなかがすいてくる。
(まぁそれは良いとして~)

初日は、ペラペ~ラに話すブラジル人とイスラエル人に圧倒されて、たいした話も出来なかった。
でも二日目(今日)は、昨日かなり真剣にお勉強したので授業も簡単だったし、積極的に話すことも出来たのだ。

今日はブラジル人とたくさんお話が出来たし、日本人ともイタリア語で会話をしていた。
明日はもっと違うクラスメートに話しかけて仲良くならないとねっ。。

この調子で頑張って行こう!

語学学校への申し込み

来週からのイタリアの語学学校へ申し込みをした。
(今頃かいっって感じですが...)

で、探して5%オフの所から申しこんだんだけど、後々話しを聞くと今の語学学校から申し込むと10%位引いてもらえるみたい。

Che peccato!! 次回はちゃんと確認しないと。


結局、4週間の語学コースを受けた後

大学入試準備コース(予備校みたいなもの)に8週間行くことになりそうです。

合計:2140€(35万円:たかっ)必要になるのだ。
(ここから少しはscontしてもらえると思うけど)


でも、大学の準備コースに入るには、上級レベルの語学力が必要とのこと。
自分のレベルが良く分からないので、現地へ行ってから申し込むつもりだと言う連絡をする為に頑張って現地のオフィスへメールをしてみた。


するとこんな回答が。。

Tieni conto che per il Corso Preparatorio ・richiesto un livello intermedio che credo che tu abbia gia' dopo altre 4 settimane a Linguadue di Corso Standard non dovresti avere problemi a partecipare alla classe.

要約すると、「4週間の語学コースの後なら絶対大丈夫」みたいな感じなのですが、

何で??

とギモンに思っていた。

すると、

イタリア語学校の先生が、語学学校へ電話して
「彼女はbravaだよ~」と言ってくれたらしい。


るっ. るかさん.....


すごくプレッシャーを感じた一瞬でした.

チケット

要項書も届かないのに、日は迫り、
飛行機の空席も少なくなってきました。

焦った私は、早速チケットを手配することに。

色々下調べした結果、KLMでGETすることにしました。

KLMのHPから確認すると、12万ちょっとで3ヶ月のチケットが購入できるので、それで決定。

早速e-ticketが届きました。

昔は、航空会社へ直接予約すると高いというイメージがありましたが、今は航空会社のHPの方が安いという事が良くあります。

安いチケットをGETする方法として、

1) Yahooの航空券をチェックして価格帯を確認しておく

2) ab roadのHPをチェックして価格帯を確認しておく

3) 航空会社のHPをチェックして価格帯を確認しておく

この3つのうち一番安いものを購入♪という感じですね。

私の場合は3) が一番安く、信頼性もあることからこれで即決でした♪
取りあえず一安心。。ホッ....

アパート決定!!

6月の間滞在するアパートが決まりました。

中央駅近くで、語学学校も徒歩圏内だとか。

1ヶ月425ユーロで、光熱費、ガス水道、ネットまで
すべて込みです。

立地も良く、値段も手頃なので決めちゃいました。

で、6月に長期で滞在できるアパートを探すことにします。

やっぱり自分で見て決めないとね。

ワクワク。楽しみです♪
もうすぐ旅立ちの時が....O(≧▽≦)O

annuncio per cercarsi la STANZA

前回の日記でも記載したミラノの部屋探し。

毎日数通のoffrireを頂き、探せばあるんじゃん♪なんて考えてます。

もちろん、所詮インターネットなので、メールのやりとりで、大家さんやシェアメイトの人間性をきちんと見極めなくてはいけません。

そして、実際に見に行けないような今回の場合、最初は短期で契約し、気に入ったら更新するというような方法でRicercaを出すことが重要かなと思います。

この掲示板での投稿で良いと思えるのは、

□ 自分の条件を記載しておけば、それに似合った部屋を持つ人からの連絡が来る
□ 語学学校で斡旋される部屋より安く探すことができる。
(語学学校の取るマージンが少ない分、お互い(大家と借り手)が良い条件で探せる)
□ こういう掲示板を利用するのは、現地のイタリア人が殆どなので、イタリア人同士がシェアしている部屋などの申し出が多い。よって、語学が上達することは間違い無い!

などがあります。

気をつけることとしては、
□ 所詮メールのやりとり。気になるところや設備、料金面などは徹底的に質問すべし。
(とことん聞いて、それでも親切に回答をくれるという事は絶対条件でしょう;回答を面倒くさがる人とは一緒に生活してもうまくやっていけないでしょうし。)
□ Cauzione(敷金)についてもきちんと確認すべし。
退去時は全額返金されるのかなどを確認し、書面で残しておくべし。

気になる方は、参考の文書を掲載しますので、「続きを見る」で確認してね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。