イタリアンModa♪

Pitti uomo~Milano fasshon week

1月11~14日、フィレンツェにてメンズの展示会Pitti Uomoに行ってきました。

今回は雑誌社のアテンドのような仕事を頂き、仕事半分、個人的視察半分というゆるーい感じでしたが。。


Pitti は初めてだったのですが、会場が半端なく広かったです。


DSCN0584.jpg


ちゃんと見ようと思ったら1日では足りません。

そして2日目、3日目はものすごい人でした。

DSCN0593.jpg


幸いにも天気が良く、とても暖かかったので、とっても過ごしやすく、


仕事も通訳とはいえ、英語でも通じるし、

イタリア語で話し始めると、英語での会話に疲れ気味のイタリア人は喜んで聞いてないことまで話してくれたり。

何よりも、トレンドの傾向の分析や、モーダ界の仕組みなどを教えてもらったり、

洋服の作りの話を聞けたりと、とてもいい経験になりました。



今回、通訳がメインでしたが、製造過程の専門用語や、生地の製法の専門用語など、

モーダの勉強をしているにも関わらず知らない単語がいっぱい出てきて焦りました。笑



あと、ひとつのことを聞いたら10個回答が来るようなイタリア人との会話、

ポイントを抑えて日本語で説明するのも難しいと感じました。


通訳って、やはり母国語の国語が出来ないと難しい仕事だなぁと、仕事を通して実感。


そして何より、今大学で勉強していることの実習版のようで、
あ~、これがあのことだなとか、授業で聞いていた事を実際に見ることができて参考になりました。


とっても面白かったので、また機会があれば行きたいな。。。



その後ミラノへ戻り、今回はゆる~い感じでファッションショーや展示会を見て回りました。


普段は絶対入れない、Missoni, Tom Ford, Bottega Venetaなどのショールームを見せてもらい、

こういうクオリティの高い商品を間近で見させてもらえたことに感激。



私はモーダの勉強をしていますが、人間の服飾業界には入るつもりはありません。

でもやっぱり流行というものの基本は服なりアクセサリーなど人間の嗜好品であって、

商品をデザインしたり生産したりする仕事に関わるなら、こういうショーや展示会を見るということは重要なんだなと実感しました。



この1週間で私のアイデアブックはネタが増えました。



ミラノにせっかく居れるんだから、メンズ、レディース問わず、

また機会があれば見に行こうと思います。





読んでいただいてありがとうございます。

更新の励みになります。
ぽちっとお願いしまーす♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

スポンサーサイト

ブランドものでもジョキジョキ

もうそろそろミラノはセールの時期です。

そしてそのプレセールのようなもので、私、バカンス用の物をバカ大人買いしてしまいました。

まずはDIESELのワンピース。
試着せずに買ったのですが、サイズは良いにしても丈が長い。
丈を裾直しするついでに裾をラウンド系になるように変形して裁断。
明日にでも、ちょぃちょぃっと丈&形直しの予定です♪

そして次はMARC JACOBSのワンピース。
まぁメーカというより、楽そうな形と値段との妥協点で買ったって感じなんだけど、
Sにしてみたがちょっと大きかった。
日本では7~9号だったのでSかなと思い(こちらも)試着せずに購入。
これもジョキジョキしてもう少しスリムなラインになるよう修正予定。

そしてどこかのメーカーのワンピ。
これは上がカシュクールみたいになっていて、腰の下の位置にアクセントがあって、
縦横斜めでシマシマ模様でかわいかったので即決。
(しかも30ユーロ位だった!)

これも少し大きい感はあるけど、まぁおかしくないし良いとしよう。

あとはReplyでサンダルとTシャツをGET♪
まさしくバカンス用、海スタイルとでも言うべきか。。
(実際は海ではなく湖に行く事は置いておいて。。。)

そして少しヒールのあるサンダルもGET。
どこに履いて行くねん!という疑問は置いておいて、1足は必要よね。
奇麗めの格好するときにね。。


何がって、自分で服を作れるようになると、ちょっとここがこうだなぁと思ってしまうと直さずには居られない。

で、他人のものだと失敗できないから怖いけど、
自分用だったらあきらめも付くってもので。。

というわけで、今日はDIESELの新品のワンピをジョキジョキやってました。
かわいく変身するとイイナ~~♪


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
情報役に立ったよ!!って方
ぽちっとお願いしますm(_ _)m


banner_01.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



sempione sei

今日は天気がよかったので近所を散歩してきました♪

我が家の近所はParco Sempione、Castello、Corso Sempione。
なかなか良い場所なはずなのに、今まで忙しくて用事の無い場所はあまり歩いた事がなかった。。

で、すごく素敵なお店をみつけました♪

Sempione sei

sempionesei.jpg

平和の門(Arco da pace)のすぐ近くにある¥マークのお店です。
セレクトショップのようですが、10 corso comoほどハイランクでなく、
普段にも着易い洋服や雑貨が売られていました。

何よりも店員さんが感じがよくて、お店のディスプレイも見やすくて素敵♪

次回はお財布にお金を入れて行こう!と思ったお店でした。

Sempione sei. s.r.l
Corso sempione,6 20154 milano
Tel; 39/02.31.68.44
日曜日もあいてました!

mipel

バックの展示会MIPELが今ミラノで開催中。

相方がそういうお仕事をしているので、Top clubの入場パスをもらった。

がしかし、前回行った時、1個1個のブースが中は封鎖されていて、
なんとなくバイヤーでないと入れない雰囲気むんむん。
ブースに入る時は名刺を求められるし、
入ったら入ったで、担当の人が付いて回ったりする場合も多々。

私は「見るだけ」が目的なので、チラ見が沢山できればそっちの方がいい。

というわけで明日行くかどうか悩んでいます。
最近体調も良く無いし、家でゆっくりするべきか。。。


にしても、今のミラノ、そういうお仕事で来られている方が結構居ますね。

やっぱりイタリアにとって、日本は大口なんだなぁと思う今日このごろ。

衝動買いっ♪

今頃になって衝動買い♪

しばらく物欲は無かったんだけど、日本帰国の可能性が増えた事と、
春が近づいてきた様な気配がすることなどから買っちゃいました♪
(なんでブーツやねんってとこは置いといて。。)

まずこれはセール品
MOMAというメーカーのブーツです。
この前のとんがったラインが可愛くてGET。
綺麗目のお洋服に合わせて履こうかなっ。


その次
DIESELの今年の冬の新作(っていうのもおかしいか?)
お店でチェックしていたブーツが半額以下で!
展示品にこの色は無かったんだけど、見つけて即買い。
この色とデザインは春先にも活躍してくれそうでしょ!


最後
DIESELのバック。
軽く学校にも持って行ける大きめサイズ
んでもってブーツとも合わせられるし、色も素材も春夏向け(だよね?)



他にもかわいいモノを沢山見つけてしまいました。
(以下は買ってはおりませぬ。見てるだけ~のものたち)
★バック
 
(C'N'C' COSTUME NATIONALのバック/ROBERTO CAVALLI FREEDOMのバック)

★スカート
 
(DONDUPの変形スカート/SEE BY CHLOE' のシフォンスカート)

 
(2つともDIESELのスカート、カワイすぎるっ!)

★ブーツ
 
(DSQUARED2 /DIESEL STYLE LAB )


(DIESELのブーツ、買おうかどうしようか散々悩んだ品です)

やっぱりイタリアンモーダは可愛いっ!
でもオシャレをするにはそれなりにお金がかかる訳で。。

お金をかけずともオシャレ出来る様に日々散策中のmimmiでした~

ミラノの展示会情報

今週からミラノでファッションショーが始まりました。

行けるものなら行ってみたい。
でもやっぱり入場券をGETするのは”コネ”が必要なわけで。。。
なかなか大変ですなっ。

そして今週末からFieraでも展示会が始まります。

まずはプレタポルテの展示会
21日~24日までfieramilanocityで行われます。
MILANOVENDEMODA
Prêt-à-porter donna Autunno/Inverno 2008/2009

そしてバック、靴の展示会もその後行われます。(Rho-fiera)
2月28日~3月2日まで。
Mipel

入場に関してはその展示会毎に規定があり、入れない場合もありますので
事前に調査してくださいね。


2008カレンダーとShow details

大晦日に街をブラブラしていて見つけました。

2008年カレンダー
9295896_3859409738.jpg


9295896_3917515483.jpg


なかを見ると日ごとに靴の写真が載ってます。
しかもめちゃくちゃ個性的な靴ばかり。
一目で気に入ったので、少々お高くでもGETしてしまいました♪

そしてもうひとつ。
9295896_254829091.jpg


9295896_3961090909.jpg


ファッションショーの写真集というのでしょうか?
デザイナー毎にコレクションの写真が載っていて
その服なり靴なりカバンなりの詳細な拡大写真がその下に載ってます。

こういう本、本当は結構するんですが(イタリアでも100ユーロ前後)
でもこの本は何故か35ユーロ。

永久保存版として、デザイン画の練習台としてGETしちゃいました。

この本を見てて思った事。

私がカワイイ☆と思ってチェックしたのは、
COMME DES GARCIONS
GIVENCHY
ISSEY MIYAKE
JEAN PAUL GAULTIER
RICK OWENS
VIVIENNE WESTWOOD
YOHJI YAMAMOTO
ZUCCA
MOON YOUNG HEE
殆どがアジア系のデザイナーでした。(笑)

ほんと、レイヤー使いが巧いっ!

課題が終わったら、デザイン画の練習でも始めようかな~なんて
やる気だけは人一倍(な気がする)mimmiでした。

Modaprima

11月の24/26にミラノのFieraで展示会があるみたいです。
私もたまたま招待状が送られてきて知ったのですが、ちょうど週末なので出かけようと思います♪

興味のある人は出かけてみては。。
*ただし、バイヤーさんのための展示会なので、会社やお店の情報を事前に登録する必要がありますが。。。

modaprimaadv63432_1.jpg


DAL 24 AL 26 NOVEMBRE, PITTI IMMAGINE PRESENTA
A MILANO MODAPRIMA: LA VETRINA INTERNAZIONALE DELLE COLLEZIONI
DI ABBIGLIAMENTO E ACCESSORI PER LA MEDIA E GRANDE DISTRIBUZIONE


Quarto appuntamento a firma Pitti Immagine per il salone milanese dedicato alla grande distribuzione organizzata.

Dal 24 al 26 novembre 2007, negli spazi del MIC - Milano Convention Center di Fieramilanocity (Via Gattamelata 5) va in scena la 63esima edizione di Modaprima, il salone organizzato da Pitti Immagine che presenta circa 200 collezioni Made in Italy ? e alcune selezionate realt? estere ? nel private label, pronto moda e moda programmata per la media e grande distribuzione organizzata. Modaprima presenter? in anteprima assoluta le tendenze per l’autunno/inverno 2008-2009 e i flash delle collezioni primavera/estate 2008.

Modaprima ? sempre pi? evento di riferimento nel settore: la vetrina ideale per quelle aziende che si distinguono per qualit?, ricerca e innovazione di prodotto, e che scelgono il salone per presentare, in un contesto internazionale che vanta un pubblico di buyer provenienti da tutto il mondo, le collezioni di abbigliamento e accessori uomo e donna. I dati dell’ultima edizione sono una conferma del successo crescente del salone che Pitti Immagine ha rilanciato a partire dal 2006: circa 200 collezioni di abbigliamento e accessori uomo e donna, che nei tre giorni del salone sono state viste da circa 2.000 visitatori, di cui oltre il 50% proveniente da 47 paesi (Giappone, Spagna, Stati Uniti, Germania, Russia, Francia e Belgio, i paesi ai primi posti in classifica). Molto significativa anche la copertura da parte della stampa specializzata, con pi? di 50 giornalisti italiani ed esteri accreditati.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。