2006年01月

ISTITUTO EUROPEO DI DISEGNO

ISTITUTO EUROPEO DI DISEGNO

今一番惹かれている学校の一つです。
誰に聞いても悪い評判は聞かないし、しっかりしたカリキュラムだそうで
せっかく勉強するならお金を積んででもしっかりした学校で学ぶ方が
自分のためになるかななんて考えてたりもします。
<若い頃は行き当たりばったりで生きてきたのに
歳とったということなのかなぁ~

HPを嫌という程見回して、資料請求をしたりしてみたけれど、
ここの学校はコースが細かく分かれているので
どのコースで行くかというところで立ち止まってしまう。

私の場合、Web/マルチメディア/グラフィックを既に仕事として経験しており、
趣味で服飾・小物のデザインをしている。
将来の事を考えると、Managementを学んだ方が良いような気がするし、
ん”~ こたえがでない。。

しかもここの学校はイタリア以外の国の人に1ヶ月の語学講座をもうけており、
そのテストに合格すれば入学できるしくみらしい。
合格できなかった場合はExtra Feeを払って更に語学講座を受けるらしい。
どの程度の専門言語を習得しなければいけないんだろう。。

ここの学校には後日直接問い合せをしてみることにしよう。。
スポンサーサイト

デザイン専門学校と美術大学

イタリアでデザインを勉強したい人は多いと思うのですが、
ネットの検索の仕方が悪いのか、
デザイン学校自体を検索するのも一苦労です。

私の独自の判断で良いかも?という学校をあげてみました。
ご参考に・・・
主にローマで検索しているのでローマの学校がメインになります。

Istituto Europeo di Disegno
専門学校に属する。3年コース、1年コース、サマーコースなどがある。
レベルは大学なみのカリキュラムで、ヨーロッパ内ではかなり有名な学校。
コースもたくさんあり、学校も主要都市にある。
料金が高めなのがネック。。

Accademia italiana
グラフィックやファッションデザインなどがある専門学校。
ネット検索をして、資料請求したけれど、
評判は分からない・・

Rome university of fine arts
Accademic course は3年制(とおもう)
こちらもネットを検索して出てきたが、希望するコースがなかったので
評判などは分からない(というか調べていない)

Istituto Statale d'Arte Roma2
職業訓練校にあたる学校(ではないかと思う)
学費はイタリア人はタダらしいが外国人は不明。
入学手続きをするには東京のイタリア文化会館を通さないとできないらしい。

美術大学(Accademia di belle arti)
国公立の美術大学(ローマ)。
イタリアでも有名で、良い学校らしい。
コースや内容は学校(所在地)によって変わり、特色も土地によって違うようです。
学費はイタリア人はタダらしいが外国人は不明。
入学手続きをするには東京のイタリア文化会館を通さないとできないらしい。

Accademia di belle arti -Roma-
Accademia di belle arti -Milano (Brera)-
Accademia di belle arti -Venezia-
Accademia di belle arti -Bologna-
Accademia di belle arti -Urbimo-

各学校のリサーチ結果は後日アップしていきます。
それにしても、ネットは便利な世の中になりましたネ。

トイレの便座?

イタリアって、(toilet)探すの大変じゃないですか~。

私はてっとり早く近くのバールでコーヒーを飲み、
をお借りしますが、
今までいったバールので、
便座が無い確率、80%。

始めて拝見したときは、イタリア人のの仕方は日本のものと違うのかな?と
素朴なギモンを抱えていました。

「女の人はどうやってしているの?」って聞いても、
「さぁ?わかんない」

男性に聞いた私がわるうございましたが、きっと中腰でがんばってるんだろうな。
と自分なりに解釈をし、
以後中腰でがんばっっております。

ところでどうして便座だけが無いのか。。
ある本を読んでいると、泥棒の多いイタリア、便座さえも盗まれてしまうとか。
<本当かどうかは知りません。
そのうち、盗まれる位なら最初からつけない方が良いとなったそうです。

ところで、トイレにまつわる話。
水を流すボタンは大抵壁にポチっと出ているボタンを押せばいいのですが、
手を洗う時の水は、大抵足で踏むと出てくるタイプになっています。

分からない時は周りの人を観察して学習してくださいね。
<あくまでもさりげなく。。(笑

国際電話とインターネット

イタリアでは町中いたるところにインターネットポイントがあります。
そのインターネットポイントの中に電話ボックスがあるところは海外への長距離電話が格安です。

これは日本でいうIP電話の形式だとおもうのですが、
日本への電話でも2~3分話をして100円位だったと思います。
(店によって値段はかわると思いますので、入り口などにある料金表で確認してください)
ちなみに電話をかける時は、
Posso chiamare per l'Giappone?
(ポッソ キヤマーレ ペル リ ジャッポネ?)
訳:日本まで電話をかけることは出来ますか?
と聞けばいいです。
使い方は店によって異なりますが、0081+(0を抜いた日本の電話番号)でいけるとおもいます。
音量が小さいところが多いので、壁に掛かっている機械で調節するか電話の機械で調節することが出来ます。
繋がった時点で壁の機械のボタンを押すタイプもあります。

インターネットも格安で利用できます。
中のインターネットポイントでインターネットを使う場合、
日本語のIMEが使えるところが少ないので注意してくださいね。
日本語OKなところは大体ウインドウに「日本語メールできます」と書かれています。
日本語IMEが入っていないと、日本のページを読んだり書いたりができなくなります。
また、インターネットポイントではアウトルックなどは使えませんので
WEBメールが使用できるメールアカウントを利用してくださいね。

Windows XPの場合は日本語の読みはできますが、
書くのが出来るかどうかは分かりません。

ビデ!?

イタリアへ旅行した人は一度は目にしている、”ビデ”、
日本ではあまり見かけないのですが、いったい何をするものなのでしょうか?

まず、イタリア人に聞きました。
すると、ビデは、おしりや足をあらう所という答えが返ってきました。
え”~~~、あの中でおしりと足を一緒にあらうのか???
日本人的な考えでは、まるで便器に水をはって、そこにおしりや足をつける感覚です
よね~。。。

何かすっきりしないまま、調査をすすめると、感覚の違いにあったようです。
日本で言うバスタブの代わりをあのちっちゃなビデがしているらしいのです。
ゆっくりつかって、疲れを癒す的感覚でビデを使用するとのこと。。

例えば、立ち仕事や、歩きっぱなしで足が疲れた時、
ビデの中に湯をはって、リラクゼションのジェルとかを入れて、
足をつけてリラックスしたり、
足がよごれてしまったときに、さっと洗ったり。。

ビデって形が便器ににてるから、どうしても馴染めないんですよね。

でも、きれい好きのイタリア人は、
う○こをするのは自宅でという常識?があるそうで、
自宅でゆっくりとがんばって(笑)ビデに浸かって綺麗にするそうです。
あまり我慢し過ぎると身体にわるいですよ~~~~~

アパートで滞在していたとき、友人はビデで洗濯をしていました。
高さといい大きさといい丁度良いそうです。
確かにお湯の量もほどほどで貯める事ができるし便利な使い方なのかもしれないですねぇ。

Rの発音

ん~かなりハイペースでブログ書いています。
ひとつはネタを忘れないようになんだけど。。

イタリア語を勉強していて、どうしても出来ない発音がありました。
それは『R』 巻き舌の発音です。

イタリア語って、発音自体はローマ字読みなので難しくないのですが、
よりイタリア語っぽく発音するには"R"、
すなわち、ラリルレロの発音が重要なのです。
Rは巻き舌で!が基本なのですが、
関西弁は巻き舌で言う事もあるので難しくないらしいんですけど、
私にとっては一番の難関でした。
友達が、”RRRRRRRRRRR”と続けて発音する練習をしたらって言ったので、
ローマの街中で”RRRRRRRRRRRRR” と言いつづけていました。
でも、口から出るのはただの”ララララララララ”…(+。+')
RRRRRを習得すべく、約2年が過ぎ、
2つのRRまでは言えるようになりました。

最近ちょっとコツをつかんだので
紹介しちゃいます。。v (^-^) v

◆ 練習
まず、巻き舌のコツをつかみましょう。
舌を口の中でUの字のように丸めます。
このとき、先をちょっと上口につけるくらいで、両サイドは空気工を作ります。(笑)
空気をふぅぅぅぅぅっとはく感じで、振動させてRRRを発音します。
まずは”ラとルの間の音”をめざしてがんばりましょぉ。
最初は”RR”が出来れば合格です。
練習すれば”RRRRRRRRRRRRR”が出来るようになるはず!
それでも出来ない人は・・・
うがいをするとき、ガララララララ ってしますよね。
その調子で、空うがいの練習をして、
空気の送り方や、振動を練習してみてください。
その後、その状態で、舌を巻いてみて練習してください。
これでも出来ない人は…
グラッツィェ をひたすらゆってみてください。
このとき"ら"の発音を巻き舌を意識して練習してみてください。

グラッツィェが言えたら、
アッリヴェデルチの練習です。
これはarrivederciとRが二つならんでいますので、
舌をすこし震わせて言えるように練習しましょぉ。

これは毎日するとかなり出来るようになります。
でも、個人差があるので、これで必ずできるとは限らないのです。。
もっと他にいい方法あったら教えてください~(@_@)>

イタリアのDVDを見る

イタリアで買ったDVD、
もうかれこれ20本ほど有りますが、
勉強にとても便利です。

ローマのポルタポルテーゼではDVDが8ユーロから10ユーロ位で売られています。
また町中の新聞・雑誌屋さんでは、その月毎に色々なDVDが10ユーロ前後で売られています。
また、インターネットでもイタリアのDVDや本を購入する事ができます。

これらの方法で買ったDVDは日本の通常のデッキでは見る事ができません。
パソコンなどでは見る事が出来ますが、
これによって、不具合が起こらないとは言い切れないようです。

私は、リージョンフリーのDVDデッキをネットで購入し、(5000円位の再生専用)
自宅にいながらDVD鑑賞を楽しんでいます。
これは便利。

イタリア語のDVDには英語もあるしスペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、
アラビア語、ロシア語、などなど
色々な言語で楽しむ事ができます。
また、イタリア語字幕を入れる事もできます。(一部できないものもあり)

オススメはディズニー映画、ルパン3世です。(笑
ディズニーは比較的理解しやすいと思います。初心者には便利かも?
ルパンは、元々日本のアニメなので状況がわかりやすい。→私だけかも??
ストーリーも結構すきなので飽きません。
また日本語で聞いてイタリア語の字幕が出来るので一石二鳥。

自宅にいながら耳をならす事ができ、これはかなりオススメです。

イタリアに留学したい理由は?

イタリアに留学したい理由は?

良く聞かれる質問です。
いつも答えに困るのですが、理由はひとつ。
イタリアが好きだから。
イタリア人に惚れ、イタリア料理に惚れ、
イタリアの芸術に惚れ、イタリアのセンスに惚れ。。

イタリア人の友達もセンスが違う。
文化や育ちや考え方が私たちとはかけ離れている事も多く、
かえって自分たちの国について考えさせられる。

突拍子もない思考回路をしている彼らのセンスと争うのは無理があるとおもうけれど、
彼らの考え方を学び、文化を学び、
自分が培ってきたものと融合させれば良いものが出来るのかもしれない。

そういう分けでイタリアでわざわざデザインという分野を学ぼうと
日々戦っているのである。<誰とやねん(笑

目標にたどりつくまでは険しい道の方がいい。
出来るだけ自分でできることは自分で行い、
苦労をしてでも夢をかなえてみせよう~♪

クリスマスプレゼントがっ・・・

去年のクリスマスに合わせて、
日本好きなイタリア人の友達A君へ本を贈りました。

確か、12月頭に郵便局のEMSで送ったはず。

イタリアへ行った時に、「荷物届いた?」と聞くと
「届いてないよ」との返答があり、
「イタリアの郵便は当てにならないから、いつも時間がかかるんだよ。
でも、EMSなら大丈夫。待っていれば届くとおもうよ」

聞いた時点で発送から1ヶ月経っていたので、
もしや紛失!?と思っていたんだけど、
相手が何も慌てていないので、放っておくことに。。

すると。。。
本は日本へ返ってきました。
どうやら宛先不明だったらしい。
おかしいなぁ。ちゃんと住所合ってるはずなのに。。

幸か不幸か、返送代金を請求されることもなく手元へ戻ったのですが、
こんなに読み易い日本人のローマ字でどう間違いようがあるんだろう。
頭の中ははてな(?)がいっぱいでした。

しばら~く考えてみましたが、いつもくしゃくしゃのローマ字を読む
イタリア人はかえって堅い日本人のローマ字が読めなかったんだろうか?

今までイタリア→日本の郵便物は紛失になったことはあったので
元々信用はしていないんだけど。。
なぞはふかまるばかりです。

めざせ専門留学!!

今年こそはイタリアへ留学するぞ!!

と決心を固めたものの、
いざ自分で手続きをしようと思ったら、
語学留学は情報がたくさんあるのに
専門学校や大学への正規留学の情報が少なく、
現在悪戦苦闘しています。

今後イタリアを目指す方のために
少しでも良い情報があれば日記に綴っていきますので、
私の体験記を参考にしてもらえればいいな。。

* ぐうたら人間が更新しますので、かなり不定期です。

クレジットカード払い

イタリアでの買い物の際に便利なのがクレジットカード払い。

現金を持ち歩かなくて良いし、レートも手数料が少ない分お得になります。

友人がカードでお買い物をした時のこと。

「暗証番号を入れてください」と言われる事が多々あったそうです。
普段日本でカードを使う時は暗証番号を入れるなんてことはあまりないので
旅行へ行く際は番号を確認してくださいね。
友達は暗唱番号を知っていたので大丈夫でしたが、
分からないと買い物が出来なくなってしまう。

また、最近はIDチップの入ったカードが出ており、
IDチップ入りのカードだと認証が出来ないお店もあるようです。
こういう事も考えてカードは2~3枚を使い分ける方がいいと思いますよ。
また、JCBなどは使えない店が多いので、
VISAやMasterなどを多く持っていると便利です。

新生銀行やシティバンクなどの国際キャッシュカードもあると便利ですよ。

こどもの語学習得力って。。。

今回の旅行は、友人と子供(2歳)とで行ってきました。

子供(Sちゃん)はもちろん日本人。
街を歩くとイタリア人は必ず声をかけてきます。

「Buongiorno!」(ぶおんじょるの~:おはよう)
「Buonasera」(ぶおなせ~ら:こんにちは、こんばんは)

まねをして、ぶおんじょるの~、ぶおなちぇ~らというと、
大抵のイタリア人は喜んでたくさん話しかけてきてくれます。
本人も嬉しいのか、この2語はすぐに覚えました。

次に覚えた(覚えさせた)のは、
Come ti chiami?[こめ てぃ きあーみ?] 名前は何?
Quanti anni hai?[くあんてぃ あんに あーい?]いくつ?
友人の日々の努力で、名前と歳(2歳:ドゥエ)をいえるようになりました。

また、友人が日頃から投げキッスを仕込んでいたので、
チュと良いながら投げキッスをするようになり、
キスされたイタリア人はほぼノックアウト状態になるわけで。。。(笑

2歳といえどもたくさんのイタリア人を悩殺してしまったSちゃん、
将来がとても楽しみです。

このSちゃん、どうしても覚えられないイタリア語がひとつ。
Buonanotte (ぶおなのって:おやすみ)
ぶおなのって~と私たちが言うと、大抵の言葉は繰り返して言うのに、
なぜか膝の上に座ってくる。。

なんでかなぁ~と思っていると、
本人、どうやら、Buonanotteを「ここのって」と聞いている様子。
ある時はベットの上へ、ある時は椅子の上へ、ある時は膝の上へのってきたのです。

何度「ぶおなのって」と言っても、返ってくるのは「ここのって~」

トホホ。多分彼女には一生「ここ乗って」なんだろうなぁ~。
子供の思考回路は謎ばかりです。

イタリアの携帯電話(SIMカード)

イタリアへ旅行する際はイタリアの携帯電話を使うようにしています。

日本の会社はローミング代金が高い事も有り、
仕事の電話を受ける事が多い私はとても不利。

という訳で、SIMフリーの携帯電話を購入し、
VODAFONE ITALIAのSIMカードを購入して、
リチャージカードで代金を追加する方法を取っています。
これや意外と便利。
というか今年から良い方法を見つけてしまったのでちょっと書いてみます。

SIMカードは通常半年の期限があり、半年リカリカ(リチャージ)されないと
番号が使えなくなるみたいです。
そのため私は毎回新しいSIMカードを購入しています。

今までは、テルミニ駅の地下のGiotto(だったとおもう)という電気やさんで
カードだけを10ユーロで購入し、自分で携帯電話へセットしていました。

ところが、着いた日に携帯があると超便利!
というわけで探しました。ネット販売を。。
TIMという会社のものは5000円前後で日本でも売られていますが、
5000円はちょっと高い。。高すぎる!!
私が欲しいのはVodafoneということで、
アメリカのEbayで見つけました。
イタリアから直送で、17ドル、送料が5ドル前後だったとおもいます。
日本円で2000円ちょい。
10ユーロで買った場合も1400円とかするし、
駅までいく時間や、売り切れの時の事を考えると
かなりお手頃じゃないですか~!

早速Ebayで購入し、支払いをし、無事1週間程で手元へ届きました。
イタリアでも無事に使えましたよ。

世の中は便利になったなぁとつくづく感じた出来事でした。

まだまだ怖い・・国際送金のトラブル その3

現地の学校へ行き、まず初めに言われた事が、

「国際為替郵便の支払いは届いたんだけど、
銀行の振込みがまだ届いてないの。銀行の振込みが届いていたらこの
国際為替は返したいんだけど、振込みでこんなに日数がかかるのはおかしいから
一度日本の銀行へ確認してみてくれる?」

思わずキョトン。。時差8時間の国で、日本の銀行の営業時間内に問い合わせをするなんて・・・
とはいえ、ここはきちんと確かめないと。。大事なお金の事だから。。
というわけで、姉に頼み銀行へ問い合わせをしてもらうことに。。

以下簡単に流れを説明すると・・・

日本の銀行:
12/19に処理を終えている、イタリアの銀行へ送金済みなので
イタリアへ渡ってからの事は調べようがない。
イタリアの銀行へ送金されて、各自の口座へ分配する手続きが遅れている場合もあるので
イタリアの銀行へ問い合わせをしてほしい

イタリアの銀行:
1/11現在、日本からの送金は無い。
うちの銀行へも届いていない。送金番号が分かれば教えて欲しい

日本の銀行:
送金番号は XXXX-XXXX です。
これ以上の調査をするには手数料4000円かかります。

イタリアの銀行:
番号を元に調べてみます。


というやり取りが続き、なんと1/12(最終日)にやっと送金通知がきました!

とはいえ、12/19~1/12まで私のお金はどこを旅行していたのでしょうか。。
きっとイタリアの銀行が遅かったんだろうな。
みなさまも振込みの際は期間に十分な余裕をもって行ってくださいね。

で、私は、国際為替を代わりに受け取り、日本へ帰ってきたのでした。(笑
 その為替も証書を持っていても、為替の期限が切れるまでは換金できないので、
 ただの紙切れだったりするんですけどね。(苦笑

国際送金のトラブル・・・その2

銀行へ行き、わけの分からない数字を見せ、どの番号が必要ですかとたずねたところ、
店員さんも良く分からないらしく、
-------------------------------
IBAN IT23Q0000000000000000000000 - BIC XXXXITM0RM0.
c/o MONTE PASCHI DI SIENA
agenzia n. 3,Via XXXXX, 000 – 00193 Roma –
entitled XXXXXXXX LANGUAGE SCHOOL
SRL, DIVISIONE XXXXXXX (Via XXXX n.10 – Roma)
* 数字は0へ、住所などはXXへ変換しています。
-------------------------------

これでいけるであろうとの事。
申し込み用紙に記入し、
IBAN NO は長いので何度もチェックし、ようやく手続き完了。
銀行の方に念のため控えをくださいといわれたので、メールのコピーを渡す。

何時ごろ向こうへ届きますかと聞くと、通常は2~3営業日ですが、国の事情や祝日などによって
変わってきますので、1週間~2週間みてもらえれば大丈夫でしょうとの返事があり、
ホッと一息。。
* 振込み日は12/16、学校は1/9~だったので余裕でした。

控えを再度FAXし、チェックしてもらい、これなら大丈夫!とのことで
いざイタリアへ!!

* ABI とCABはヨーロッパ圏内で使われているコードのようです。

-まだまだつづく-

おっ、おじいちゃん~!!

イタリア滞在中のおはなし。

学校の帰り道、家までの道のりを音楽を聞きながら歩いていました。
家まであと30mの地点で、地元のおじいちゃん(70歳くらい)が
「Ciao!」と話しかけてきました。
つられて「Ciao!」というと、おじいちゃんはにっこり笑って

「日本人?名前は何ていうの?どこに住んでるの?
ローマで仕事しているの?・・・」
ん~いきなり質問攻めにされちった。
取りあえず質問に簡単に答えると、
「イタリア語上手だねぇ~、ぼくは今ドイツ語を勉強してるんだよ」
ってかわいい絵本を見せてもらった。

「せっかく出会えたから、コーヒーでもどう?」と言われ、
家で友達が待ってるからというと、
「じゃぁ、夕ご飯一緒に食べようよ。Pizzeriaに行こう!」
と。。アグレッシブなおじいちゃん。
引き際が分からなかった私は目の前のバールを指して
「あそこで5分位なら良いよ」
とバールへ行く事に。。

おじいちゃんとたわいもない話をし、気づけば30分経過。。
本当に友達が待っていたので、そろそろ帰らないとっていうと、

おじいちゃん:「今日本の映画があるんだよ。一緒に見に行こう!」
わたし:「今日は予定があるの、ごめんなさい」
おじいちゃん:「じゃぁ明日のお昼は?」
わたし:「学校があるから」
おじいちゃん:「明日の夜、近くのPizzeriaへ行こう!」
わたし:「明日は既に約束があって・・・」
おじいちゃん:「君の瞳はとてもきれいだ。こんな人と知り合えて生きててよかった。
このまま分かれてしまうのはとても寂しいよ。また会いたいから、
時間がある時いつでも電話してきて!」

と携帯電話の番号をいただくことに。。

せっかくのお誘いを断ってしまって、すごく罪悪感が残り
翌日お礼の電話をいれておきました。

とはいえ、イタリアのおじいちゃんはなんてアグレッシブなんだろう。
口説き文句も現役です。(笑
日本のおじいちゃんも見習わないとネ。


国際送金のトラブル・・・その1

語学学校へ申し込みしたあと、国際送金をしなければいけなくなり、
なにせこっちから送るのは初めてだったのでドキドキ・・・

学校から送られてきた送金先は、
-------------------------------
Current account n. 0000.00, ABI 0000-0,CAB 0000-0
entitled XXXXXXXX LANGUAGE SCHOOL
SRL, DIVISIONE XXXXXXX (Via XXXX n.10 – Roma)
c/o MONTE PASCHI DI SIENA, agenzia n. 3,
Via XXXXX, 000 – 00193 Roma –
IBAN IT23Q0000000000000000000000 - BIC XXXXITM0RM0.
* 数字は0へ、住所などはXXへ変換しています。
-------------------------------

これでは何のこっちゃさっぱり分からなかったので、郵便局へ・・・

手数料などをネットで調査した結果、
国際為替郵便 手数料1000円
銀行振り込み 手数料4000円+2500円
(*2500円/向こうの銀行の手数料もこちらで支払わなければいけない)
結局、手数料の安い国際為替郵便で送ることにしました。

郵便局へ行き、申し込み用紙に記入し窓口へ。。。
私は、何も考えずに
送金先住所:Via XXXXX, 000 00193 Roma
送金先名:entitled XXXXXXXX LANGUAGE SCHOOL
SRL, DIVISIONE XXXXXXX (Via XXXX n.10 – Roma)
c/o MONTE PASCHI DI SIENA
と記入してしまったのです。
トホホ・・・Monte Paschi di Siena が銀行の名前とは知らずに、
送金先住所を銀行の住所、送金先名を学校名で銀行気付という
わけのわからない方法で送ってしまいました。。。T_T
いつものぶっとび思考でMONTE PASCHI DI SIENAさんがお金の管理をしている
エージェントか何かかななんて一人で考えて納得してしまったのです。

国際為替郵便は、ダイレクトに受け取り人の住所宛に送ればいいらしく、
学校なら学校宛に送ればOKとのこと。
上記の場合なら、
送金先住所:Via XXXX n.10 – Roma
送金先名:entitled XXXXXXXX LANGUAGE SCHOOL
SRL, DIVISIONE XXXXXXX

翌日、国際送金の控えをFAXしチェックしてもらうと、上記の間違いが発覚し、
届かないかもしれないと言われ、こっちをキャンセルして、銀行の振込みにすることは出来ないかと。。。

トホホ。。。手数料の安さに引かれて国際為替にしたのに意味ないし・・・・
でも届かなければ学校に行けなくなる。。。
というわけで、地元の銀行へ振り込みへ行く決心をしました。(謎

- つづく -

語学学校のInsegnante・・・

Studio Italiaでは午前中に2人の先生が交代でレッスンしてくださいました。
一人はA氏で、大学の講師をしているそうです。
午前中イタリア語学校で授業を教え、午後から大学へ行くと
しょっちゅう言っていました。
もう一人はMさん、とても美人なイタリア人という感じの先生で、
英語を教えていると言っておられました。

それぞれの先生にも教え方があり、
教科書を使う先生や、歌を聞いて書き取りをさせたり、
ゲーム方式で授業をしたり。。
イタリア語のみの使用と言ってはいたものの、英語でヒントをくれたりと
和やかな雰囲気でした。

クラスメートはアジア圏の小さな国から来た女の子で
すごくアグレッシブな子でした。
同じアジア圏にいるにも関わらず、英語、ドイツ語、ロシア語、フランス語と何カ国もの言葉を自由に操り、年下にも関わらず尊敬の眼差しでした。(笑

今回は2人で授業を受け、お互いにヒントを与え合い、
とても楽しく過ごすことができました。

事務をしている(であろう)人も、感じがよく、どんな質問にも快く答えてもらい、とても助かりました。

最後の日にはみんなで記念撮影をしたよ。
いろいろと問題(銀行関係の・・)があったにも関わらず
親切丁寧に対応してもらって、貴重な経験が出来ました。

初めての体験だったけど、自分的には満足です。
<イタリア語も上達したしネ。。

今回苦労したこと・・・
それは次回へ取っておこう。。。<(#^0^)

奨学金の資料請求

  • 奨学金
奨学金の申し込み要項が届きました。

地元のロータリーが主催する奨学金で、
同じ会社に奨学金で留学をした人がいたので、
要項を聞き、問い合せをしてみることにしました。

まず、国際親善奨学金の資料を送ってくださいと
メールで問い合せをし、
担当の方がすぐに用紙を送ってくださいました。

届いた資料を読むと、
地区毎に定員があり、書類選考を行った後面接をする。
英語圏はTOEFLの結果を添付、それ以外はベルリッツの語学試験をうけなければいけない。
基本的に大学留学のみ。
ただし、1年後には一度帰国し、ロータリーの活動に参加する
継続して大学へ行く場合は自費留学となる
滞在中は現地ロータリーと活動を行い、推薦元のロータリーへはレポートを提出する。
希望校は5カ所記入、うち2カ所までは同じ国でも良いが同じ都市はダメ
*一部抜粋

などなど、私の希望に当てはまらないものが多々ありました。
イタリアのローマと決めている私は、1カ所しか希望できない。
例え書いたとしてもその為にTOEFLの試験を受けなければいけないの?
1年だけ奨学金が出たとしても1度日本へ帰り活動をしなければいけないのだったら
休学しなければいけないの?

もうさほど若くないので(笑 時間はかなり貴重です。
1年なんて休学していられない。

というわけで現在申請するかどうか検討中です。

でも早く決めないと、成績証明書ももらわないといけないし(高校、大学両方の)
作文も作らないといけないし。。
2月中に準備しないといけないのに~

-つづく-

初体験!! イタリアの語学学校その2

今回、滞在が1週間ということと、他のクラスメートが入門クラスだったので同じ入門クラスで授業をすることになりました。
ところがっ・・・・

同じアジア圏の学生だったにも関わらず、進むスピードが並々ならぬ早さです。

初日にの1時間目に動詞(are ere ire)を終え、
2時間目に(essere avere)を終え、
2~3日目には動詞を使って文章を作ったり、
名前当てクイズをしたり・・・
4日目にはかる~く再起動詞、近過去を追え、
最終日には、「理想の男性図」という作文をさせられました。

もし私が超初心者だったら・・・・
きっと2日目で泡を吹いていたでしょう。。。
3日目には頭は真っ白。作文なんてとんでもない!!

というわけで、イタリアへ語学留学を考えている方、
文法の勉強と、単語は日本で覚えていきましょう。

- つづく -

初体験!! イタリアの語学学校その1

今回初めて現地の語学学校を手配してみました。

期間は1週間。
1週間という短期間で受け付けてくれる所は少なく、
ネットで検索した結果、”STUDIO ITALIA”がアパートから近く、
料金もお手ごろなので早速問い合わせをしてみました。

問い合わせの内容は、料金、ビサ(1週間なので不要だとは思いますが念のため)、コースの内容など。。

料金は、入学金を入れて222ユーロ/1週間、
3ヶ月以内はビザ不要とのこと。
コースについては、初日に簡単なテストをするので、
それによってコースを決めるとのことでした。

イタリア語は勉強したことがあるので、
その旨を伝えると、翌日テストを添付ファイルで送ってきてくれました。
テスト内容は、いずれも簡単なもので、選択式のものでした。

授業料の支払いを日本で済ませ、いざイタリアへ!!
* 国際送金については別の日記で報告します。

月曜日の朝、9:00に来てねと言われたので、
9:00に学校へ。。
指定の4階へ行ってもプレートがないっ!!
あわててドアマンらしき人に聞くと、奥の建物だよと言われ、慌てて階段を駆け上がると、階段の踊り場にエレベータののり口が・・・
しかも映画に出てくるような手動式ドアのエレベータでした。(笑

学校へ付き、ひととおりの挨拶を済ませ、レベルチェックテストへ。。
んん?? これはもしやこの前送ってもらったものと全く一緒!?
そう、同じテストでした。(爆
テストを終えると採点をちょいちょいとされ、
たわいのない会話をしていました。

STUDIOITALIA
Via Tibullo, 10
00193 Roma (Italy)
Tel. +39-6-6874367
Fax +39-6-68392061
www.studioitalia-italy.it

- 次回へつづく -

T/C は使えるの~?

ユーロでは使いにくいと言われるT/Cですが、
使い方によってはおとくな場合が多いです。

交換時のレートが現金よりも約3円安いということや、
ローマ市内の換金所(Cambio)で小額の手数料を払えば
現金に交換してくれることは意外と知られていないようです。
盗難・紛失した時も再発行が可能で安心です。
ちなみに、American ExpressのT/Cですと、スペイン広場付近のオフィスで
手数料無料で現金に交換してもらえるそうです。

事前にT/Cが使えるか確認し、払えるものはT/Cで支払いをし、
余った分はCambioで現金に交換する。
これが一番賢い使い方なのかも知れないですねぇ~。


円→ユーロの両替について

ユーロへの両替えはどこでするのが一番お得なのでしょうか。

2005/01の調査によると、
関西空港の中で両替えするのであれば、
4F出発ロビーにある三井住友銀行がオススメです。
他の銀行よりも1-3円お得です。
為替レートが139円(位)の時、交換レートは142.5円でした。
他の銀行は145円~149円でした。
ちなみに、レートが良いと言われるテルミニ駅周辺ですが、
為替レートが134円の時に144円位でした。
大金を持って歩く煩わしさと、交換の時間の無駄を考えたら
関西空港で両替えをするのが一番オススメかも。。

イタリアでの両替えはある意味キケンです。
表示されている金額から手数料を差し引かれるところが多いからです。
両替えに行く時は、必ず
Scusi, Quante euro posso cambiare di questo?
(スクージ クワンテ エウロ ポッソ カンビアーレ ディ クエスト)
すみません、これ(1万円)で何ユーロに両替えできますか?
と聞いた方がいいかも。

ちなみにテルミニ駅地下の両替所では、
手数料3%とコミッションが金額の17%という 法外な金額で両替えを行っています。
スーパーの前の両替え所はあまりおすすめしません。

やはりどの国でも一番ベストなのはカードで支払いをする事ですね。

住むように滞在!! レンタルアパートメント

イタリア旅行の続きデス。

滞在先はアパートを手配しました。
2週間で約700ユーロ。
そのアパートはサンピエトロの近くで、
エレベータ付き7階、
部屋はベットルーム、リビング、キッチン、バス付きで
普通の家庭のような家でした。
キッチンにはフォルノ(オーブン)有り、食器洗浄機あり、
今回は2人でシェアしたので、一人約350ユーロでした。
結局計算してみると1泊30ユーロ位。
安いですよね~。

この料金にはクリーニング代、電気代など全て含まれています。

これらのアパートは、
http://www.rentalinrome.com/
で予約しました。英語が話せれば十分予約できますよ。
他にもローマ市内色々な場所に色々なアパートがありますので問い合わせしてみてくださいね。

イタリア 語学学校+自由旅行!!

今年も行ってきました。ローマ!!

例年、1月にはローマへ旅行しています。
ひとつは語学の上達、そしてセール!!・・・

てなわけで、格安旅行と自由滞在について紹介していきま~す。

今回は飛行機のチョイス!
今回は、KLMオランダ航空をchoice!!
今まではアリタリアで行っていたけれど、
ローマ着が21:30となり、電車も少ないし、着いたら寝るだけ。1日損した気分でした。
オランダ航空だと、19:00にはローマに到着、
そのまま滞在先に行ってもゆっくり出来ますよね。
しかも料金も安くてマイレージも溜まる! 一石二鳥ですネ。

飛行機内では英語も通じるし、帰りは全席モニター付だったし、アムステルダムの空港はお店がたくさんあったし。。
満足度"★★★☆☆"でしたよ。

飛行機も航空会社の正規運賃割引で頼むと席の予約も出来たりします。しかも料金は殆ど変わりません。
今まではチケットも自宅へ郵送してもらっていましたが、
最近はe-ticketをメールで送ってもらい、
プリントアウトして持っていくだけ。
紛失の際も名前を告げるとOKという優れもの!!

旅行を企画される際はまず航空会社の料金をリサーチするべし!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。