2006年02月

ローマの馬車の値段!!!

ローマを歩いていると観光用の馬車を見かけます。

先日、気になる料金を聞いてみました。
聞いたのはサンピエトロで待っていたおにいさん(馬車)だったのですが、
市内周遊コース、2~3時間でな・なんと200ユーロでした。

その時持参金が80ユーロだったので試しに
「80ユーロでコロッセオまでとかはダメ?」と聞いてみたところ
「無理無理。200ユーロのみだよ。周遊はとてもロマンティックで奇麗だよ。
ATMにいってお金おろしておいで~」
と軽くあしらわれてしまいました。

200ユーロって、日本円(140円として)28000円!
いまどき人力車でもそんなに高くないんじゃないの~?と思いながら
次に町中で馬車に乗ってる旅行客を見かけると
「お金もち~」と思ってしまう自分が情けない・・・

とはいえ、色々な馬車がありますので、
興味のある方は聞いてみては如何!?
スポンサーサイト

面接終了!

  • 奨学金
本日面接がありました。

まず履歴書を見て、簡単な質問など。
今の仕事の話や、過去の経歴などについて質問がありました。

そして、何故この奨学金を知ったのか?という質問がありました。
私は以前にこれで留学した知人がいたので、
その話をすると、意外とスムーズに話が進みました。

あとは、過去の奨学生の話、したい事などを、談話のような形式で話ました。

面接も担当の人や地区によって違うと思いますが、
面接官は大抵奨学金の詳細は知らないようです。
こちらが質問したことについて、分からないから本部に聞いてみてという応答でした。(笑

特に、緊張はしなかったけれど、きちんと話を聞き、
「人柄をアピール!」が第一かな。と感じました。

ん~、思っていたよりいい感じ。
さて、早速書類を作成しなければ。。。

仮出願締め切り!!?

ん~謎の多いイタリア留学ですが、
Roma のAccademiaでは、仮出願を3/15までにしないといけないらしい。

ん?確か文化会館のHPでは、要項書の送付が4月になるって書いてたような。。。。

どっちなんだろう~??
謎いっぱい。
そしてイタリア語の先生も、イタリア人の友達もだれもわからない。

トホホ…

明日は面接

  • 奨学金
明日は奨学金の面接です。

とりあえず用意したものは、履歴書と職務経歴書、
あと、志望動機などを簡単にまとめた紙
 質問されそうな事をまとめてみました。

友達に聞いた時は、談話みたいな感じなので心配いらないよと言われたものの、こられる方の肩書きを見るとあらまっ 偉い人3人
と言うわけでバタバタと用意しました。

今日は肌の調子を整えるために
早くねよ~っと。

奨学金の面接!?

  • 奨学金

本日奨学金を申請した事務局から返事がありました。

来週、人格?を見る為に簡単な面接をしたいとのこと。
履歴書を持参して来てくださいとありました。

ドキドキですね。
現在作成中の小論文、イタリア語へ訳する事を考えて
難しくない文章で書いたり、三段論法になるように
四苦八苦しているところです。

この論文で書類選考はされるようなもの(だと思っています)
しっかりと作らなければ。。。

Accademia di belle arti (イタリア国立美術学院)


色々とネットで検索してみたけれど、情報がほとんどないに等しいので
私が調べたなりの結果を書いていこうとおもう。
*本当に受験する人は再度リサーチしてくださいね。

Accademia di belle arti (イタリア国立美術学院)

イタリアの芸術に関する国立大学。
イタリアの友人に聞いたところ、
イタリア国内では、この学校が一番オススメと言われた。
たくさんのカリキュラムとコース、イタリア人と同じ授業、
そして何より授業料がかなり安く済む。

主に、
Pittura (絵画)
Decorazione (舞台装飾)
Scenografia (舞台背景画)
Scultura (彫刻)
があり、都市により他の様々なコースがある。

基本は4年で終了するが、場所によっては2年のものや、
大学卒業者などが参加できるスペシャルコースなどもある。

申し込みをするには、東京のイタリア文化会館へ要項書の請求をし、
イタリア文化会館を通して出願する。
ただし、3月頃までに仮出願の手続きを行わないと
受験資格がなくなる可能性があるらしい。

取りあえず要項書の請求をして、受験用書類やポートフォリオの作成をしなければ。。

今年はここを受験しようと考えているので後々アップしていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。