2006年04月

文化会館からの通知

昨日イタリア文化会館からの通知を受け取りました。

以前 "Accademia di belle arti"の資料請求したので、
その案内と要項でした。

届いたのは紙数枚、
国立美術学校の一覧と住所、コース名の書かれた紙と
文化会館での面接の流れ(?)を記載した要項、
申請までの流れなどか書かれた要項などでした。

受付は5/19まで、美術学院に入学希望する人は
文化会館でまずは面接をしなければいけないらしく、
ものすごく手続きがややこしそうでした。

確かに美術学院は学費が年間1000ユーロ以下なので
手続きに手間をとる(とらせる)のもわかるけれど
もうすこし情報を公開してもいいんじゃないかな~って
個人的に思いました。

accademiaのHPを見ると、外国人留学生は3月○日までに書類を作成し、文化会館を通じて提出するように と載っていたような気がしたのですが…

矛盾の多いイタリア、みんながいけてるなら大丈夫なのでしょう。(笑
ぐうたらな私にとってとても心地よい文化です。(笑

スポンサーサイト

文法:定冠詞 "articolo determinativo"

イタリア語で論文を作成する際にビミョウに理解できなかったのが "la le li ghi" と "Ne" の使い分け、
過去形ともなるとチンプンカンプンになってしまう。
簡単なものは理解できるけど、この違いが理解出来ませんでした。
先日じっくり講習を受けたのでその結果をまとめてみました。

1) Mangi la pizza?
A] Si, la mangio.
B] Si, ne mangio.

2) Vuoi mangiare la pizza?
A] Si, voglio mangiarla.
B] Si, ne voglio mangiare.

解説]
1) A] pizza の(1ホール全てを) 食べる
  B] pizza の(一部を) 食べる
* このように Ne を使う場合は、前の修飾語(La pizza)の全てを指すか一部を指すかで使い分けるそうです。

2) Volere, potere, dovere, sapere などの動詞がつく場合
A] とB]の違いは 1) と同じ "全てか一部か" で区別しますが、
mangiare の後に la をつけることが多いそうです。
la voglio mangiare でも間違いではないが、あまりそのような使い方はしないとのこと。

よりややこしいのが、

3) Hai mangiato la pizza?
A] Si, l'ho mangiato.
B] Si, ne ho mangiao.

4) Hai mangiato le pizze? (複)
A] Si, l'ho mangiati.
B] Si, ne ho mangiato.

解説]
3) A] とB]の違いは 1) と同じ "全てか一部か" で区別します。

4) A] とB]の違いは 1) と同じ "全てか一部か" で区別します。
注: A] の mangiati は語尾変化します。 "li gli la le"に合わせて"-o -i -a -e"と変化するところがミソらしいです。
--> これは知らなかったので大発見でした。

* 思いつきで書いたので微妙に違う箇所があるかも知れません。
詳しくは文法書を参考にしてくださいネ。

Forza!!

センス (il senso) と嗜好 (il gusto)

センスの良いイタリア(と私は思う)
覚えておくと便利なのがこの"il senso"と"il gusto"
発音は「センソ」と「グスト」です。

"il senso"は言うまでもなく「センス」です。
il senso artistico はアーティスティックなセンス
"imparare il sendo artistico"でアーティスティックセンスを向上させるという意味になります。

「グスト」は英語でいう"taste" や"flavour"にあたります。
意味は”好み”や”嗜好”。

"avere buon gusto" で好みが良い=センスが良いという意味になり、
"hai buon gusto" で良い好みが良いね~という誉め言葉に早代わり!

センスを誉められると嬉しいのがイタリア人、
であったときの一言に加えてみても良いかも。。

ちなみに、イタリアの嗜好を感じ取る=センスを磨くとは、
"percepire il gusto"
percepireは知覚する、察知する、感じ取る という意味合いがあるそうです。

私の場合は、
Vorrei percepire il gusto e imparare la techinica del design italiano.
という感じですネ。

ちなみに、
disegno は絵のデザイン、絵を描くことを意味し
design は一般的なデザインを意味します。

イタリア人のセンスは日本人には真似できないですよね。
生まれ育った環境が違うから仕方ないのですが…
イタリア人と競うよりも、自分が持つ日本的なセンスを行かせる仕事をこれからも行いたいと思う毎日です。

私の野望は成就するのだろうか。。。

イタリア語の面接

  • 奨学金
先週語学面接用のシュミレーションを行った。

イタリア人の先生から、
・Perche in Italia? (なぜイタリアなのか)
・Cosa vuole fare in Italia? (イタリアで何をしたいのか)
・Quale suo obiettivo? (目標)
・Quale esperienza ha?(経験)

は必ず聞かれると忠告してもらい、回答例を考えました。
短い文章で説明し、それに対して聞かれそうな質問をあらかじめ考えておくことも大事だそうで…
経験に関して言えば、勉強の目的に関連する業務経験や就業経験、出来るだけインパクトのあるものをとのことでした。

他、語学力を見るために、自分の地域の説明や、
イタリアの好きな理由、どのように過ごしたいかなどを考えておくといいだろうとのこと。

あらかじめイタリア語で小論文を作成していたおかげで
答えはすべてそこにありました。(笑

何とか乗り切れるといいなぁ~と思いつつ…
バスタイムにひたすら暗記しています。(笑

ipodって便利~!!

イタリア語の学校へ通い始めてからipodを購入しました。

元々Macユーザーなので、使い勝手が良いのと、
デザインがかわいいのがきっかけだったのですが、
更に録音できる機能がついていて、
写真も記録することが出来るという優れもの!!

ネットで音楽を購入できるのももちろんですが、
それより何より、
イタリアのラジオをダウンロードして聴く事ができるんです。(同じく英語や他言語もあります)
これはかなりオススメです。

今では電車の中での退屈な時間をつぶすのに打ってつけで
35000円(だったかな?)の価値は多いにあると思います。

イタリアのpodcastも今では内容を理解できるようになり、
新曲も聴けたりで良い感じ!

もちろん授業も毎回録音し、復習に使っています。

Valentino Rossi

既にご存知の方も多いかと思いますが、
イタリアを知ったきっかけになる人物がこのValentino Rossi 氏です。
現在、moto GP で世界参戦しており、過去数年World champion を制覇している強者です。最近ではF1への参戦の可能性もあるらしく、注目度No.1の男前ライダーです。

バイク好きな私は鈴鹿サーキットでボランティア(?)をしており、バイクのレースを手伝いに(見に?遊びに?)行っていました。
レース前のピットに流れる緊張した空気や躍動感、走行後の感動を分かちあえ今から思うととても貴重な経験でした。

数年前の8時間耐久レースで、いつもどおりピットの端でちょこんと座り人間watching をしていました。
そこに丸坊主(笑)にサングラスをした二人組みが現れ、ニコリと笑って何かを言って通り過ぎて行ったのです。その二人の並々ならぬオーラに圧倒され、口をあんぐりあけていた私は、彼らの発した言葉が理解できず、誰かもわからず、近くにいた友人に「今のは誰?」と聞いてみると
Vale だったそうで。その後 Medical やサーキット内でちょこちょこ出会い、この若きイタリア人ライダーに興味を持ち始めました。

たまたま私の知人にイタリアGP参戦している人がいたので(彼はvaleを良く知っているらしい)、
話を聞きイタリア人のアグレッシブさとテクニックを知り、イタリアという国や国民性にも惹かれ始め・・・・
来年こそはValeとイタリア語で話をするぞ!! とイタリア語を勉強し始めたのでした。

結果??????
Vale は8耐に出場しなくなり、Moto GP は鈴鹿へ来なくなり、私の努力は報われず。。

今でもたまにサーキットへ行くとイタリア人ライダーを見かけます。ピットへ遊びにいっては話をし、ある意味では役に立ってるのかな?でも、イタリア好きになったおかげでAmoreと知り合ったわけなので良しとしよう。
いつかはどこかのサーキットで出会えることを夢見て、語学の向上に頑張るぞ!

クロスワードパズル

イタリア語のクロスワードパズル(Parole crociate) 

イタリアのネット本屋さんで本やDVDを買うついでに
4冊ほど購入しました。

購入後2週間程で2冊を終え、残り2冊。
これが結構ハマルんです。
毎日飽きずにし続けています。(笑

この本ですが、アマゾンでも販売されていました。
Level 1 \1200

Level 2 \1200

Level 3 \1200

このクロスワードの良いところは、問題が文章になっているので、文章を理解できるようになること、
同じような問題が度々出てくるので知らない単語も覚えられること、前置詞や定冠詞などを埋める問題もあること、
何よりも、ゲーム方式で楽しいことなどでしょうか。

本日からはLevel 3に挑戦です!
Forza!!!

3190052832.01.jpg

志望教育機関の記入

  • 奨学金
先日地区財団担当者より連絡があり、
志望教育機関を5箇所あげる項目で
第一二希望 イタリア
第三四希望 イギリス
第五希望 フランス
で挙げていた為、英語とフランス語の語学証明書を提出してくださいといわれました。

英語は普段使っているのでまだしも、フランス語に至っては
語学証明などもらえるはずもなく…
途方にくれてしまったので取り合えず財団へ電話することに…

するとイタリア志望の方は
第一第二 をイタリアで
第三 をサンマリノ共和国
第四第五 をスイスのルガーノ、ロカール地方

で書かれていますと教えてもらいました。

その後、第三希望以降を書き換えて
イタリア語の語学証明のみで何とか書類提出することができました。

ちなみに、英語など推薦書を書いてもらう人がいない場合、
民間の大手スクールなどでお願いして(もちろん代金を払って)書いてもらうことも出来るようです。
知らないと困ってしまうもんですよね~。。トホホ

イタリア語学習ソフト 2

TALK NOW の続きです。

これが楽しくて、
2日間で全てのゲームを攻略?してしまいました。(笑

ゲームは、ダーツ形式で、人の特徴、果物、動物、数字、会話、などについての文章が読まれ、それに合ったカードを選ぶもので、最後には正答率が出てきます。
その正答率によって点数がつけられて、点数が高いと何かができるんだと思います。
またそこまでたどり着いていないので、良くわかりません。(笑
このダーツは最後になるほど難しくなっています。

特に役にたったのが道順の説明を聞いて、場所を当てるゲーム。
右とか左とか信号とか、苦手だったのですが、分かるようになりました。

他にも様々なゲーム?があり、1対1で早押しクイズがあったり、
読まれるものをそのまま書き取りなさいというコーナーもあり、
この値段であればかなりお得ではないでしょうか??

ちなみに私が購入したのは、インフィニシスという国内代理店(だとおもいます)。
google などで、インフィニシス もしくは イタリア語 ソフト で検索すると
出てくると思います~。

今日からはドラマ編(上級)に挑戦!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。