2006年06月

ミラノ工科大学入試 過去問題(論理学)

イタリア人の友人が工科大学について色々調べてくれた。
Politecnicoはイタリアの主要都市(ローマ、ミラノ、トリノ、ナポリ)にあり、技術を向上させる大学としてイタリアではトップクラスのレベルの大学とのこと。
Poli = たくさんの Tecnico = 技術 の通り、工業大学で、イタリアでも難関大学として知られており、卒業者はその道のエキスパートであるという認識から就職にも有利だとか。
東大をはじめ日本の様々な大学と交流を持っており、交換留学制度などを実施しているらしい。

Logica(論理学)はイタリアでも一般的なテストではないらしく、詳細を大学へ問い合わせてくれている。
<ホントいい友達を持ったもんだ♪

そこで(どこで?)、過去のAdmissionで載っていた問題を解いてみよう~♪

一般論理学試験例題

ミラノ工科大学入試の例題(Logica e cultura)

1. “Delitto e Castigo” e un celebre romanzo scritto da
A. Lev Tolstoj 
B. Boris Pasternak
C. Fiodor Dostoevskij
D. Anton Cechov
E. Vladimir Putin


(要約)「罪と罰」は~によって書かれた有名な小説だ。
A. レフ・トルストイ
B. ボーリス・トストロジ 
C. フィヨダー・ドストエフスキー 
D. アントン・チェーホフ 
E. ウラジミール・プーチン

全てロシアの人物です(よね?)
罪と罰って名前は聞いたことあるけれど、読んだことないし、著者名もパッと出てこない。。
イタリア文学だけでなく、ヨーロッパの文学を勉強しないといけないということですよね。(; ̄ー ̄A

2. Dire quale dei 5numeri sottostanti continua la successione
7235 − 958 − 1413 − 554 − 109 − ?

A. 1234
B. 5723
C. 19
D. 135
E. 572

(これらの5つの数字に続く数を答えよ)

これは現在考え中。あくまでも「論理学」の問題です。論理的に数字を見出す・・・・ムズカシイ。
分かった方教えてください~♪

ちなみに、私の見解によると、イタリアの大学の建築科、デザイン科は同じ問題が出るみたい。
っていうか凄く理系だったのでビックリ…

スポンサーサイト

CILS “Certificazione di Italiano come Lingua Straniera”

  • CILS
昨日とうとうイタリアから本をまとめ買いしてしまった。

メインは次回受ける予定のCILSの問題集。
そして大学入試の過去問題集などである。

CILSは、“Certificazione di Italiano come Lingua Straniera”の略で、直訳すると「外国人のためのイタリア語検定」となる。英語でいうところのTOEFLのようなもので、年に2度(6月と12月)行われる。これのC1を来年までにGETすれば大学への道が簡単になるのだ。

-Livello A1
基礎レベル。日常的な簡単な表現を理解し使える。
語彙は約850単語出題される。学習時間の目安は50-100時間受講したレベル。

-Livello A2
基礎レベルだがA1より幅広い文法、語彙能力があるレベル。
語彙は約1200単語出題される。学習時間の目安は100-150時間受講したレベル。

-Livello UNO-B1
初級から中級のレベル。
問題なくイタリア旅行ができる。学習時間の目安は150時間受講したレベル。

-Livello DUE-B2
中級程度。勉強や仕事の関わりで的確に意思伝達ができる能力がある。
学習時間の目安は250-300時間受講したレベル。

-Livello TRE-C1  
上級レベル。広範囲でイタリア語を使え、伝達内容の文脈を理解できる。日常生活のみならず公式な関係や仕事上の関係でも意思疎通ができる。
学習時間の目安は400-500時間受講したレベル。

-LIVELLO QUATTRO-C2
翻訳や通訳の仕事ができるレベル。
イタリア語を自由自在に使いこなす実力を持つ。
学習時間の目安は750-1000時間受講したレベル。

C1などまだまだムリである。B1もしくはB2から始めようと思う。
以前検討していた専門学校では、授業について行くには、イタリア語学習700時間時間が必要だと言われた事があった。アジア人は文法が異なるため、倍近くになる人もいるとか。 この表で見る限り、700時間って結構レベル高い。。

この試験、日本では、東京と京都の文化会館で受験することができる。
レベル   料 金   1科目あたりの料金
A1/A2 12,000円      2,400円
UNO (B1) 17,000円     3,400円
DUE(B2) 19,000円      3,800円
TRE(C1) 21,000円     4,200円  
QUATTRO(C2) 24,000円      4,800円  

試験は会話能力・文法知識・読解力・聴解力などの5つのカテゴリに分けられていて、
それぞれの最低限の得点を得ないとそのカテゴリは合格にならない。
不合格だった分に関しては1年間有効になっているので、次回それだけを受験すれば良いことになる。

早く本到着しないかな♪

Internet book store Italia




Oroscopo

  • 徒然記
イタリアではOroscopo(占い)が人気がある。
というより、その日の運勢をチェックするというのが習慣でもあるようだ。

イタリア語の先生も、朝テレビを見る気はしないけれど
運勢はネットでチェックしてしまうとも言っていた。

イタリアの占いとはどんなものか。
今日ヒマがあったので覗いてみた。

Yahoo Italia の占いのページ : 
http://it.horoscope.yahoo.com/
開くと、星座別の今日の運勢と週間の運勢を見ることができる。

上には様々なタイプの占いがあって、
全て無料で運勢を見ることができるようだ。
フムフム。これは語学の勉強にも良いような気がする。

もう一つ面白かったのが、2006年の運勢。

日本では、
運勢全般→仕事→金運→恋愛 
の順で書かれていることが多いと思うが、

イタリアは 
AMORE(恋愛) → SALUTE E BELLEZZA(健康と美) → LAVORO(仕事) → DENARO(金運)で書かれていた。

これを見ると国民性が分かるような気がする。
日本人 = ①仕事 ②金 ③恋愛 ④健康(?)
イタリア人= ①恋愛 ②健康 ③仕事 ④金

やっぱりイタリアはAMOREが一番なんだなぁと改めて感じてしまった。

流石に辞書なしでは理解できないので、仕事の合間をぬってチェックしてみよう♪
今年の運勢はいかに! (ってもう半分過ぎてるよね~(汗)

ミラノ工科大学(続き)

ミラノ工科大学のHPを見てみた。
学部は、
航空宇宙工学 / 建築 / 生物工学
環境科学技術 / 化学材料化学工学/
電気工学 / エネルギー論 / 環境、調査工学
経済学 / 数学 / 機械 / 原子力工学 / 物理学
構造工学 / 工業デザイン、芸術、コミュニケーション

があるらしい。
(あくまでも私の見解です。)

学費は世帯収入制で、年収と家族の人数でタダ?から約€3000まで10のランクに分けられている。
私の計算だと、一般的な中間クラスで年間20万強のようだ。

入学申請は文化会館を通して。
入試にあたる試験では、デザイン部門は、一般論理?文化、歴史、デザイン表現力、物理・数学、英語 となるみたい。
* 興味のある方は例題があったので見てください。

デザイン科でも数学物理は結構キツイですねぇ。ちゃんとできるかな?

今年の入試は9/4(月)、誰か受ける人いるのかなぁ~??


国立大学の今年の外国人枠はココからチェックできるみたいです。

http://offertaformativa.miur.it/studenti/elenco2006/
10~15人は結構キツイですなぁ~。。

フンギポルチーニのパスタ

ローマのmammaから教わった簡単フンギポルチーニのパスタの作り方。

用意するもの。(2人分)
乾燥フンギポルチーニ 1袋(10g位?)
ガーリック お好みで!(私は半かけ)
ペペロンチーノ お好みで!
パスタ 140g 位(お好みで!)
バター 少し
コンソメ 1コ

1) ポルチーニをたっぷりの水でもどす(約30分)
2) もどした残り水をパスタ茹で用として沸騰させる。
3) 沸騰したら塩を入れ、茹で始める。
4) フライパンにオリーブオイルを入れガーリックとペペロンチーノを入れる
5) ガーリックの色が変わって来たら、ポルチーニを入れる
6) バターを少し入れる
7) パスタの茹で汁でコンソメを溶き入れる
8) パスタが茹で上がったら具(?)と合わせる
9) 塩胡椒で味を調えてできあがり!

結構簡単でしょ。
お好みでイタリアンパセリを入れると味が良くなります!

ちなみに私はイタリアで購入した小さなペペロンチーノを使っています。
すごく小さい(約1センチ)なのに凄く辛くて。。ウマイッ!
日本では売ってないのかなぁ????

継続は力なり

  • 徒然記
合気道ネタの続きから。
私と同じ頃に始めた人がいまだ継続し、2段まで取っているとのこと。
最初は皆初心者だったのに、続ける事で力をつけたその人はスゴイと思った。

何事にも「継続」とは一番大事なことだと思う。
そして私には「継続」が欠けている。
今まで様々な事に興味を示し、実践して来た。
それは今でも自分の知識や教養となっているが、人並みか少し超えた時点で
自己満足になって、次の興味の対象へ移ってしまうのである。

そんな私が過去数年間追い求め続けているのがイタリアである。
今まで、自分が追い求め続けてきた、多くのものがイタリアへ繋がっている。
イタリアの良さは一言では説明できない。
あえて言うとすれば、人間らしさが詰まっている国だと思う。
アートにしても、歴史にしても、生活にしても、
良い意味でも悪い意味でも人間らしさをそのまま残し、
人生や自分自身について考えさせられるきっかけを作ってくれた国であった。

夢までの道はまだまだ遠いけれど、「継続」でぜひ叶えたいと思う。

継続は力なり...... 良く言い表した言葉だと思う。

ブルーな日

  • 徒然記
イタリアネタとは離れてしまうのだが。。。

私には定期的に訪れるブルーな日というものがある。
3ヶ月に1回、もしくは6ヶ月に1回、1日限りのもので、
その日は何をしてもテンションが上がらないのだ。

良い事があっても「ふぅ~ん」、悪い事が怒っても「ふぅ~ん」
ある意味、全ての事に無関心になる日、自分の魂の休息日とも言える。

そのブルーな日が昨日やって来た。
朝起きると、気分がブルーな自分が良く分かる。
困った事に、原因がないからやっかいだ。
何かを悩もうにも、悩みのタネがないのである。
取り合えす一日を静かに過ごし、一晩寝ると元に戻るのである。

これは皆ある事なのだろうか??
わが友人でも飛び抜けてラテン系のYに尋ねてみた。
返って来た答えは
「mimmiはいつもテンション高いから、知らず知らずに疲れがたまってブルーになってるんちゃう?」
ん~、そうとも言える。
最近の特技は、シラフで飲んべえの相手が出来る事。飲んべえ仲間の中で、シラフでも参加し、かなり楽しむ事ができるのである。(特技か??
が、イマイチしっくりこない。

いつもの Penso positivoだと
"ストレスを貯めない性格なので、一日で済むのであればこれはラッキーである。"
どうなんだろう。世の皆様は原因不明のブルーDAYなど存在するのだろうか?

ミラノ工科大学

以前から名前は良く聞いていたミラノ工科大学。
本日思いついてHPを見てみる事にした。
Politecnico di Milano
http://www.polimi.it/
工科大学なだけに、建築だとか産業関係なのかなと勝手に思い込んでいたが、デザイン学科やMBAの学科などもあるようで。。ちょっと検討校に入れようか悩んでいる。

Accademiaよりは自分の行きたい道に近いのでは?と思いはじめてきた。
まだちゃんと見てないのだが、授業料が世帯収入によって違う?なんていうページもあり、後日ゆっくり拝見しようと思う。
今まで色々な事があり、空が曇っている状態だったけど、
悪い事の後には良い事もあるもんだなぁ♪
がんばらなくっちゃぁ~

イタリア語でのことわざ

イタリア語の詩ですごく好きなものがあったので紹介します。

Il pelo sullo stomaco.
心臓に毛 (直訳:胃に毛=怖い物知らずな人)
”Lui ha il pelo sullo stomaco, Lungo cosi! / ルイア ペーロスロストマコ、ルンゴコジー!”
(彼は胃に毛が生えてるからねえ、こんな長いのが!)
-> 私もある意味怖いもの知らず。覚えておこう!

Non e' bello cio' che e' bello,ma e' bello cio' che piace
(美しいものが美しいのではない、好きなものが美しいのである)
人はそれぞれ美しさについて自分の価値観を持っているということ、
つまり「好み」というものは人により異なっているということである。
又、すべての人に通用する共通の価値観というものは存在しないということをも意味している。
-> そのとおり。価値観なんて十人十色。好みもそれぞれ。それが普通で、それで良いとおもうんだけどネ。

Il riso fa buon sangue.(笑いはよい血を作る)
昔からイタリア人は明るさと楽観主義が健康に恵まれるための必要な条件であることを知っている。
最近の研究でも陰気な性格の人ほど病気にかかりやすいことが明らかになった。
-> なるほど~、だから大阪とイタリアには病気がないのか~(ホント?? 笑

毎日楽しく、たくさん笑って、良い血を作って、健康に生きたいものです。
(私は毎日笑いすぎの傾向にあるのだが。。)

どう生きるか

  • 徒然記
またまたイタリアネタから離れてしまいます。

今日はSeriousな話で行こうと思います。
昨日は知り合いの訃報の連絡があり、少し落ち込んでしまいました。
仲がいいわけではなかったけれど、以前お世話になった事のある人でした。

彼はマン島でのバイクのレースで後ろから衝突され、重傷の状態で病院へ搬送された。
そして、一時持ち直したかと思われたが、結局は帰らぬ人となった。

私もバイク好きで、以前は800ccのアメリカンを乗りこなしていた。(一応) 
バイク好きがこうじてレースなどにも参加していたのだが、(走っていたわけではありません)、その当時、友人が彼とチームを組むというので一緒に参加させていただいたのだ。

彼らバイク乗りにとって、バイクに乗りながら(レース中に)死を迎えるのは本望だという。
望んでいるわけではないが、「死ぬとしたら一番幸せな死に方だ」という。
そう思うと、彼は好きな事をしながら....だったので、よかったのか? と思わざるを得なくなる。残された方はたまったもんじゃない。

でも、よく考えると、人生は細く長く生きるよりも、太く短くの方が充実しているのではないだろうか。
ただ生かされている長年よりも、自分の思う通りに生きる短年(という言い方もおかしいが)の方が充実しているように思う。
つまり「どう生きるか」というのを日々考え生き抜くことだ。

私自身、時々人生について考える事がある。
自分は何がしたいのか、何を求めているのか、どのようになりたいのか。
そのためには何をすればいいのか。
結局何歳になっても達成感や答えはでないだろうが、それはそれで良いと思う。

人生はどう生きるか......
それを思うと、彼は幸せだったんだろう。
ご冥福をお祈りいたします。



合気道

  • 徒然記
イタリアネタとは離れてしまうのだが。。。

私は以前合気道を習っていた。
結構気に入っていたのだが、職場を替えた事と引っ越しで通えなくなったため辞めてしまったという経緯がある。

合気道は海外でも人気が高く、エレガントなスポーツだと言われている。
実際私の講師(?)もNY出身の先生2人だった。

イタリア語学校の先生と合気道について話をしていたときに、
「日本の女性は合気道を習うべきである。それにより護身術だけでなく礼儀作法を身につける事ができるからだ」と言われた。

確かに。私が初めたきっかけも一人海外旅行の際に襲われてもなんとかなるだろうという安易な考え方があったからでもある。
<当時は色々な国を一人旅することが好きだったのである。
袴姿で力を使わずに自分の倍ほどの男性を投げる、エレガントじゃありませんか~?

そういう話から合気道を再開しようかと思った私。
早速以前の教室に問い合せをしてみた。
イタリア行きまでの1年できちんと護身術を習得できるだろうか。
楽しみである。

イタリアの映画館

本日のイタリア語の授業。

先生はなんと校長先生(と呼ぶのか?)だった。
この校長先生、音楽界ではけっこう有名らしく、声楽系の講師もされているそうです。
この先生の授業では日本語はNG、全てイタリア語のみでの授業になる。

私は以外とこの先生が好きである。
教えようという意気込みを感じる事ができる。
発音についてもしっかり教えてくれるし、イタリアの情勢や留学事情についてもかなり詳しく。いつも見つけたら色々質問をしてしまう。

今日は映画について色々と話をした。
イタリアの映画はご存知の通り全て吹き替えである。
字幕だと映画の画像を観れないので集中できないとの理由で とのこと。
確かに、日本語は漢字があるので理解に時間を要しない。
私も音声:英語 字幕:イタリア語 だと2回見ないと理解できない。

リラからユーロに代わり、映画の代金も2倍にあがったそうだ。
以前は10,000リラ(約5ユーロ) それがいまや10ユーロまで上がったらしいのだ。

ところがイタリアの映画のシステムは、「入場料 10ユーロ」
つまり2回見ようが3回見ようが出ない限りは10ユーロでいけるとのこと。
そして短い映画は2本立てになっているとか。(ディズニーを含め)
2回見る人は少ないとは思うが、かなり友好的なシステムだと思いません~??

Rai を日本で見る方法。

たまたまネットを検索していたら、

イタリアのRaiが日本でも見れることが判明。

Rai Click

ここのサイトには、Raiの番組一覧があり、

ニュースやドラマ、映画にいたるまで、様々な番組を、ネットで見れるらしい。

おぉ~と思い早速実践してみた。

Windows のMedia Playerが必要とのことだったので、早速ダウンロードしてみた。

私はMacユーザの為、互換性がうまくいかないのか、

いまだ見ることは出来ていないのですが、頑張ってみれるように努力してみます。

Windows のユーザだと難なく見れると思われ。

- 追記 -
MacユーザーでもSafariで見る事ができた。

番組表はたくさんあり、懐かしのPimpaを見てみた。
昔語学の勉強を始めた頃に良くみていた子供向け番組である。

内容が子供向けなので、とても見やすい。
そして絵がかわいくて、内容も結構楽しめるのである。

Eccola pimpa eccolo qua~♪ ついつい口ずさんでしまいそうな
かわいいメロディもいい感じ。

よければ一度ご視聴あれ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。