2007年08月

イタリアへ荷物(船便)を送る場合

日本からイタリアへ船便の荷物を送りました。

今回の中身は食材と布と服とサーキュレーター。
*サーキュレーターとは部屋の空気を循環させる小さな扇風機のようなもの。もちろん電圧変換機を通さないとイタリアでは使えませんが。。

船便は箱が結構くしゃくしゃになるので、箱を2重にしました。
同じ大きさの段ボール箱を買ってきて、中に入れる箱はカッターで少し小さめに加工し、2重の段ボールの完成!

そして中に食材などを詰め込んで、大事なものや濡れたら困るものは袋に入れる
(水没する可能性があるらしいので)

そして品数が多いので、別にインボイスを作成する。
(インボイスの作成方法は郵便局のHPで確認する事ができます)

インボイスの内容物の金額は合計を30ユーロ以下(20ユーロ代)に抑えて記入。
(もちろん全ての品目について記入し、各自の金額と数量を書きました)

そして、箱を梱包し、ガムテープでぐるぐる巻きにする。更にビニール紐でぐるぐる巻きにする。
(税関検査を逃れるため)
最後に紐の上に持ち手を付けて完成! と言った具合です。

これで日本→イタリアは2~3ヶ月で到着するでしょう。

で20キロで12000円前後。
空港で超過料金を払う事を思えば安いものです。

今回私も初めて知りましたが、イタリアへの荷物は最大が20キロ、3辺の合計は150センチ以内でないとダメらしいです。
みなさま気をつけてくださいね!
スポンサーサイト

ビザ受け取り完了!

先週の土曜日にビザを無事受け取りました。

今回受験用のtype-Dのビザだったので、何日分が出るのかなぁと不思議でしたが、
期間は8/31~1/30まで。
なんと4ヶ月分のビザが発給されていました。

受験に失敗したとしても1/30まではイタリアへ滞在出来る様子。
(とはいえ、1/30まで居る可能性は少ないだろうけど。。)

そして本日。

運転免許書の期限前更新にも行ってきました。

取りあえずしなければ行けない事は一通り終了。

あとは荷造りをしてお勉強するのみ。

が、勉強がこの暑さと時差ぼけで思うようにはかどりません。

早くイタリアへ帰った方が良かったのかも。。と後悔の日々です。。




いつもありがとうございます。

お役にたてたらぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



banner_01.gif

こっちもお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ビザ申請時の心構え

ビザ申請なんて、慣れた人なんてあまり居ないはず。

のためか、スムーズに申請を済ますコツなんてものがどこにも載っていません。

今回、色々情報を収集し、今後大阪へ申請に行く人のためにまとめてみました。

1) ビザ申請に行くには、遅くても10時頃には到着するようにしましょう。
(待ち時間が長い上、色々と言われて修正なんかが入るとあっという間に12時になります)

2) 提出する書類はまとめて、順番に並べ、クリップなどで挟んでおくと文句を言われない。
(提出する際に書類をまとめて置かないと、「順番に並べてからまた呼んでくださいと言われてしまいます)

3) 残高証明(通帳)の日付は当日が確実。
郵便局は領事館のビルの下(2F)にありますので、1000円入金するなりして、当日の日付で記帳されたものを準備しましょう。

4) ビザの受け取りをどうするか聞かれます。
取りに行く場合は良いのですが、郵送を希望する場合は返信用の封筒を準備しておかないといけません。
その場合、切手は幾ら位?など???がいっぱいだったので、下に記載してみます。

返信用封筒:A4サイズが望ましい
封筒には、ローマ字で書いた送付先(自分の名前、住所)を記載のこと。
封筒には「書留」のスタンプを押してもらうこと。

切手:
書留の代金分の切手を貼る。
通常は、パスポートの重さ+50gの重量分の書留代になるそうです。
私の場合は620円だったと思います。

これで書類はバッチリのはずです。

In bocca al'lupo!!!




いつもありがとうございます。

お役にたてたらぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



banner_01.gif

こっちもお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ビザ申請書類の書き方

ビザ申請書類の書き方です。
(大阪領事館のフォーマットです)

**ビザ申請書の記入例 (大阪領事館)

1.姓  ローマ字で記入
2.旧姓 空欄
3.名  ローマ字で記入
4.生年月日  「19XX/0X/XX」
5.ID番号   空欄
6.出生地   ○○-shi, ○○(県名), JAPAN
* 郡の場合は、○○-cho, ○○ gun, ○○(県名), JAPAN
7.現保有の国籍 「JAPAN」
8.出生時の国籍 「JAPAN」
9.性別  女性はFemail、男性はmaleにマル
10.配偶関係  「Single独身」にマル
11.父の氏名  「Ichiro SUZUKI」等とローマ字で記入
12.母の氏名  「Hanako SUZUKI」等とローマ字で記入
13.パスポートの種類  「National passport普通旅券」にマル
14.旅券番号  「XX1234567」パスポートの番号
15.発行者   「The Ministry of Foreign Affairs of Japan」(外務省の英語表記)
16.発行日   「2005/0X/0X」(パスポートの発行日)
17.有効期限  「2015/0X/0X」(パスポートの有効期限)
18.あなたの出身国以外に居住している場合、その国への再入国許可はありますか。
 「No」(日本に住んでるので・・)

19.現在の職業 「XXXXXXXX」職業を英語で。
20.雇用主の名前、住所、電話番号  会社名などを英語で記入
*無職の場合は空欄(何かを書いた方が良いらしい)

21.主な目的地  「Milano, Italy」
22.ビザの種類  「Long stay長期滞在」にマル
23.ビザ     「Individual個人」にマル
24.申請するエントリー回数  
「Multiple entries数次」にマル
*多分留学中に何回イタリアへ入国するか?という事のようなので、(日本に帰国する事も考慮して)数次に○をしました

25.滞在期間   (留学する期間)「○○days」
26.他のビザとその有効期限  「none」(特にないので)
27.トランジットの場合、最終目的国の入国許可をもっていますか 
*ここは空欄にして出しました。
28.当国あるいは他のシェンゲン国での過去の滞在
「Milano, Italy (XXXX/XX/XX-XXXX/XX/XX),」
旅行や前回の留学などで行ったことのある場合、記載。
シェンゲン協定国は、ベルギー、ドイツ、フランス、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、スペイン、ギリシャ、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド。
これらの国に行った事の有る人は記載しておくと良いようです。

29.渡航の目的  
*私の場合は受験なので空白にして出しましたが、通常は「Otherその他」にマルして、「Study」と記入するようです。

30.到着日    「2007/08/31」(イタリアに到着したい日)
31.出発日    「2007/XX/XX」(イタリアからの出国予定日)
*この期間は保険期間とイコールでないといけないそうです。

32.最初の入国地、又はトランジット経路 「AMATERDAM」
KLM利用のため、最初の入国地はアムステルダムになりますね。
33.移動手段  「airplane」

34.シェンゲン国内での受入者または受入先の会社名と同社の担当者名
ここはお世話になる家の住所、大家の名前、電話、メールアドレスを記入。

35.誰があなたの渡航費用と滞在中の生活費を負担しますか
「Myself本人」にマル。
36.滞在中の生計手段  
「Cash現金」と「Credit cardsクレジットカード」にマル。
「Travel and/or health insurance. Vallid until:」の次に保険の有効期限「2007/12/XX」を記入。

37.~43.  すべて空欄
44.     特になにも記入しない

45.申請者住所  「XXXXX~」(自分の住所)
46.電話番号   「0XXXXXXXXX」(自分の電話番号)
47.場所、日付  「OSAKA, 2007/08/22」(申請日を記入)
48.署名     「XXXXX XXXXX」(自分の名前をローマ字で記入)

これで一応受理されましたので、大丈夫かと。。

大阪の申請用フォーマットはこちらからダウンロード(PDF)できます。
http://www.esteri.it/visti/pdf/Domanda_e.pdf



いつもありがとうございます。

お役にたてたらぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



banner_01.gif

こっちもお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ビザの必要書類(大阪領事館)

大阪の総領事館でのビザ申請で必要となる書類です。

1) 申請書(パスポートサイズの写真を添付の事)
*書類は郵送(返送分の封筒や切手を同封要)で自宅へ送付してもらうか、もしくは直接領事館へ行ってもらう事ができます。

2) パスポートとそのコピー
*コピーは顔写真のページのみで提出しました

3) 住民票
*理由あって、海外転出等の記載事項がありましたが特にチェックはされていない様子。

4) 海外障害保険の契約書
*3ヶ月分のゼネラリ保険とイタリアで加入したINAの送金控を持参しましたが、INAの方で手続きされました。

5) 資金の入っている通帳とそのコピー
(親の場合は保証書と実印登録証明と保証人名義の通帳)
*結構需要!下記参照

6) (2回目以降の就学ビザ申請の場合のみ) 過去に取得したビザで通った学校の修了書、出席証明書の原本

7) (大学の場合) 受験許可書

7') (語学学校の場合)期間と授業数を明記した入学許可書の原紙

などなど。

特に残高証明に関しては、最後の記帳の日付が最悪でも2~3日前でないといけない様子。
私の場合、わざわざ郵便局へ千円を入金して記帳しなおしてきました。

”提出日に近い日付で記帳されているか” がポイントのようです。

書類の書き方や訪問時の心構えなど、順次追記して行く予定です!



いつもありがとうございます。

お役にたてたらぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



banner_01.gif

こっちもお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

INA保険

イタリア留学時の海外保険、イタリアで加入すると1年98ユーロでいけるんです。
(半年だと48ユーロ)

この保険はビザ申請でも通る保険(なぜだかは不明)

ということで今日郵便局へ行き、保険の手続きを聞いてきました。


が。。。。。。。。

我が家からほんの20Mほどの距離の郵便局。

おじさんはすごく丁寧で良いんだけど、

「INA保険? 知ってるけど、振込先や金額がわからないと入れないよ」

の一言。

「え”????」

何も聞いてなかったので(というかほかの郵便局では担当員が丁寧に教えてくれるらしいのだ)焦ってしまいました。

で調べてみました。

郵便局へ行き、下記を書いた紙を局員さんに見せればOK.
そしてその半券が控えになるようです。

Per l’assicurazione sanitaria noi consigliamo L’INA ASSITALIA: una polizza molto vantaggiosa riconosciuta dalle ambasciate italiane. Il prezzo ? conveniente: sei mesi 49,00 Euro, dodici mesi 98,00 Euro.
Basta effettuare un semplice versamento su

C/C postale n. 71270003
intestato a INA Assitalia Agenzia Generale di Roma “conto 20″
via del Tritone 18 , 00187 Roma
indicando il nome della citt? di soggiorno e come causale “polizza sanitaria stranieri”.



そしてほかの郵便局で無事手続き完了。
紙を見せると局員さんが確認してくれて、
送金用の用紙をくれ、記入後もチェックしてくれました。

あとはお金を払って終了。

保険も無事に入れたし、もうすぐ日本帰国。

そして恐怖のビザ申請が待っています。

最終日

明日が学校の最終日になりました。

歴史の授業、先生はめちゃくちゃ良い人ですごく楽しかった。
数学は、ちょっとオタッキーな感じのウブな先生、生徒に軽くからかわれて、一緒にはしゃいで。
なかなか楽しい先生でした。
物理の先生、かなりパワフルな女性。質問をすると「え”?」って大きな声で聞いてくる。
でもポイントはちゃんとおさえた授業だったので、基礎がある人にはわかりやすい授業だった。

そしてクラスメートのイスラエル人。
みんないい子たちばかりで楽しかった。
最近では、イスラエル名「MALCA」と名付けてもらい、
授業前には黒板にイラストを書いて、「君へ」みたいなメッセージを込めてくれたりした。
(イラストは、毒きのこ。食べたら危険だよ~ってやつ。意味不明だけど)

結局、試験勉強も物理まで時間的余裕がないので捨てることにしました。
で、LOGICAとCULTURA GENERALEを気合い入れてやりなおすことに。


そして月曜日に日本へ帰国します。
関空についたらうどんを食べる。
そして家であったかいお風呂に浸かる。(って日本は酷暑だったっけ?)

そして慣れ親しんだベットでゆっくりねる。(実際そんな時間はないんだろうけどね)

なんてささやかな夢なんだろう。。(笑)

入試の内容について

大事なことを記述するのを忘れていました。

http://italitalia.blog48.fc2.com/blog-entry-251.html

ここで、数学物理は高校3年間分と記載しましたが、
私が受験するミラノ工科大学は、「微分積分」は範囲に含まれていません。
厳密には「確率統計」も含まれてないようですが、他のLogicaの問題で出題されるので、見ておいた方が良いでしょう。

物理に関しては、「力学と熱」が範囲になっています。
これは日本でやっておいた方が良いです。
問題の内容は日本と似ているので、こっちへ来て独特の単語などを覚えればかなり早くマスターすることができるでしょう。


こちらの対策コースは1日1課のペースで授業が進みます。
ので、分からないところが多いと復習でそれだけ時間がかかり、他の科目の勉強ができない日が多々。

私も日本を出る前にもう少し詳しい内容を知っていればあらかじめ準備ができたのになぁと日々後悔です。(涙)

家が決まりました!

本日、次の家を決めてしまいました。

今回の物件はかなり私好みの良い家です。

場所はpiazza firenzeの近く、2階建てのお家で、
1階と半地下に分かれていて、各階に個人の部屋とバストイレがあります。
共有部分はキッチンとリビング、入り口だけ。
今友達と2人でシェアの予定なんだけど、ほぼ一人暮らし状態で使えて、
おまけに庭まで付いています。
庭からの光が部屋に差し込んで、いい感じのお家です。

日本の実家の庭の2~3倍はありそうな大きな庭。

春はハンモックをさげて本を読んだり、
夏は子供用プールをおいて水あそび、
ハーブや花を植えたりできそうだし、空気もきれいだし、良い物件です。

さて、このおうち。

先週末に見に行って、
今週決定を出して、
今週に大家さんにお金を振り込まないといけません。

イタリアの銀行に口座なんて無いのに、どうすりゃいいんだって感じですが、
なんとかするしかない。

っていうか、話が決まってから、期間が短すぎるんだよね。
銀行行ってお金を出して、別の銀行に行ってお金を送金してって。。
初めてだし時間もかかるのにさ。。

まぁやるしかないです。

引っ越しは10月の予定。
まずは試験に受からないといけないんだけどね。。

(大丈夫なのかなぁ???)

修理の結果。。

パソコン直ってくれました!

どうやらシステムトラブルだったらしく、お兄さんがんばってくれました。

こっちのマックショップは、quick assistantとして60ユーロ、でも直らなければ無料になります。
そして他に交換などが必要であればその都度修理費がかかるみたいです。

こういうとき、マックで良かったと本当に思います。
(機種は世界共通なので、修理がどこでもできるのが利点でもあるのです)

まぁ、原因は日本からリカバリのCDを持ってこなかったことにあるんだけどね。

みなさんノートを持ってくるときは付属のCDも持ってくるようにしましょうね!

ではでは。。最近の出来事を少しずつアップしていきます。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。