2007年10月

実習の授業

今日はミラノ工科大学の実習授業風景について。

モーダの実習は1年目は(私の知る限り)5種類程あります。
Lavoratorioという授業名になっていて、名簿順にクラス分けされていて、
そのクラス毎に実習の時間割りなるものが存在します。

一つ目はデッサン。
これはA4のデッサン用紙にひたすら洋服の絵をかいて行くものです。
書けばかくほど巧くなる気がするので、未経験でも問題なし。
先生によって好みの書き方が違うので、授業の際の説明はきちんと聞かないといけませんが。。
必要なもの:A4の用紙、鉛筆2B, HB

そして製図法の授業。
これは投影図などの書き方を勉強するものです。
日に日に難しくなってきています。
今は角度を指定された図面の書き方などを勉強しています。
こんな感じ
Isometric-1.png


必要なもの:A3のテクニコ用の用紙、鉛筆、コンパス、三角定規、雲型定規、分度器、定規など

次は写真の授業
まだ受けた事はないので解らないのですが、フイルムの一眼レフを使って光の使い方、カメラの機能の使い方などを勉強します。
これは実習室を使うので、実習前に「Corso di sicrezza」というテストを受けて合格しないと実習室に入るためのカードが貰えません。
必要なもの:一眼レフフイルムカメラ

そしてモーダと言えばミシンの実習
こちらもまだ受けた事はないのですが、工業用ミシンを使って実際に裁断したり縫ったりする授業です。
これも実習室を使うので、実習前に「Corso di sicrezza」というテストを受けて合格しないと実習室に入るためのカードが貰えません。がこのテスト、テキストが両面40ページ程あり、それを理解の上テストは30問、3問間違いまでが合格という非常に難関なテストでした。
必要なもの:裁縫用具一式、仮縫い用布、糸、型紙用の紙、テープなど

実習は正直座学よりは楽しいです。
授業もだいたい解るし、物をつくるのが好きなので向いているんだと思います。

でも、慣れない言葉での説明、作業は日本でより時間が掛かるので、
できた~!と思って周りを見渡すとイタリア人は先に次の課題へ進んでいたりします。

まだまだ修行が足りませんなぁ~。。

スポンサーサイト

アルバイト♪

先週からアルバイトを始めました。

まだ家にも学校にも慣れていないのに早いかな?と悩んだのですが、良いバイトに出会えるのも運のうち。
きっとこの機会を逃したら、しばらくバイト情報も無いんだろうな~と思って応募してみると、
仮採用になりました!

某料理やさんなのですが、気に入ったのが殆どがイタリア人のお客さん。
店員さんも半分位が日本人以外で、指示などはイタリア語で出される事。

ここで頑張れば苦手分野の会話も上達するかも!という事でかなり気に入っています。

で、仕事は。。。

カメリエーレなのですが、イタリア語を使って仕事をするのは初めての経験だし、
お客さんもどんな感じなのかまだ分からないし
まだ料理の事だってチンプンカンプンだし

結構混乱しています。

しかもこのお店、毎日予約でいっぱい。
ほぼ満席状態が続いています。

イタリア人のお客さんの人間ウォッチングと、イタリア人の仕事ぶり観察、
そしてイタリア語の向上を目指して。。

あわよくば今後のコネでも出来れば嬉しいかもっ!!

てなわけでmimmi@ミラノでも頑張っています!

たいへん。

最近は忙しくてなかなか更新が出来ていません。

まず家。
家はたくさん修理をしないと行けないのですが、入居しながらの状態なので、
誰かが家に居る状況でないと修理が出来ない。
よって、学校を早退したりしなければ行けない日も出てきます。

そして、他にもその日にする用事が重なり、授業を休まなければ行けない日もあり、
テストが授業と重なっていて、休まなければ行けない日もあり。

正直、付いて行くのは大変です。

で、大学。

座学の授業は殆ど理解できていません。
唯一分かるのは、コンピュータの授業のみ。
これは日本で勉強して仕事に使っていたから分かるだけであって、
絵や言葉(英語の言い回し)から予測が付くからであります。

でも他の授業はほんと大変。
付いて行くのに必死で、ポイントが分からない。

語学は大事だなぁと改めて感じました。

私も他の留学生たちみたいに、
1年とか語学留学をしていればもっと分かるようになったのかな?なんて落ち込んでみたり。。
(他の日本人も中国人も語学留学してたみたいです)


でも入った以上は頑張ります。

家も着々ときれいに改装してくれてるし、
大学ももう少し慣れたら分かるようになるよね?と淡い希望を抱いて。。。(涙)

IKEA

ミラノのちょっと郊外にはIKEAという激安の家具屋さんがあります。

ミラノ在住の人(特に学生さん)なら一度は行くであろう場所。
ベットやソファーなどの大型家具を初め、棚や収納家具、絨毯、キッチン雑貨など、家の家具や雑貨類が安く手に入る場所です。

ミラノだと、地下鉄赤線の終点Bieceglieで下車すると無料バスが出ているので便利。
ミラノにお越しの際はぜひ行ってみてください。

そしてこのIKEA, IKEA Familyという会員があるのですが、会員証を持っていると少し割り引きになったりするという得点があります。
が、ここイタリアで入会しようとするとCodice Fiscaleが必要だったり、会員証が届かなかったりとあまり満足なサービスを受けられないので日本で入会することをお進めします。

日本のIKEAのHP
http://www.ikea.com/jp/ja/

イタリアのIKEAのHP
http://www.ikea.com/it/it/

さて私。最近の戦利品。
* 鏡(かなり大きめの姿見)14ユーロ
* 壁に付けるライト 5ユーロ
* デッサン人形 8ユーロちょい
* ふかふかバスタオル 5ユーロ
* トイレの蓋(O型と蓋のセット、陶器製) 11ユーロ
* ハンドソープ 2ユーロ
* 足拭きマット(麻のようなやつ) 3ユーロ
* ソーイングセット 7ユーロ
* 机 120ユーロ

結構バカ買いしてますね。(笑)

何がって、持って帰るのが大変。

IKEAにはカワイイごろごろ付きのショッピング用カートも14ユーロ位で売っているので
それを買ってしまうのもオススメ。
水など重いものを買う時には必需品ですよ!

日本から持ってきたら良かったもの

デザイン学部というものは非常にお金がかかります。

日本で買ったらもっと安かったのに~~という道具が結構あるので、
ちょっと書いてみます。
(が、授業内容や教授によって違いはあると思いますので確認を)

【デッサン、製図用】
・鉛筆(HB,B,2B,4B,5Bなど)
・デザイン用用紙(A4,A3)
・消しゴム
・三角定規(製図用の大きいのと小さいの)
・定規(デザイン用の大きな物)
・コンパス(製図に使います)
【モーダの実習用】
・巻き尺(衣服用)
・はさみ(紙用と布用)
・リッパー
・しつけようの糸、縫い針
・試作用の布(日本の方が確実に安い!)
【写真の実習用】
・カメラ(デジカメでないもの、アナログ35mmのタイプ)
・フイルム(こっちは高い!)

道具をそろえるだけで、1ヶ月分の生活費&家賃が飛んでしまいそうな勢いです。

バイトをして稼がないとっ。。。(涙)

Codice Fiscaleを作成っ♪

今日は急遽Codice fiscaleが必要になったため、
大学をお休みして行ってきました。

Codice fiscaleを作成するのに必要なもの
1.パスポート
2.パスポートのコピー(最初の写真入りのページ)
*ただし10セントで現地でコピー可能
3.ペン

codice fiscaleの事務所は"Azienda di Entrale"と言います。
住む地域によって事務所の場所が変わりますのでここから近くの事務所を検索してみてください。

事務所によって開いている時間は違うと思うのですが、午前中なら平日は毎日開いているようです。

さて、私の場合、
11時前に受付を済ませる
*入ってすぐのinformazioneで「Codice fiscaleを作りたいんだ」と告げると、パスポートを見せるよう言われ、記入用の用紙をもらう。その際、受付番号の紙をもらうのでなくさないように。

待ち時間の間に、用紙に名前や出生地、住所などを記載し、パスポートのコピーを準備する

モニターに自分の番号が出たら、その番号の受付へ行き、書類を作成してもらう。

という訳で、待ち時間3時間半、作成時間10分で出来ましたよ♪

私の担当のおじさんはとても気さくな人で、行くなり
「日本人だよね~?このへんで寿司のおいしい店しってる~?」
と聞いてきたり
「ボクの名前、日本語で書くとどうかけばいいの~?」と聞いてきたり
「日本人ってイタリアで毎日何食べてるの~?」って聞いてきたり興味津々のようでした(笑)

なにがともあれ、1日で作ってもらえたので良かった♪

授業について

大学の授業が始まりようやく落ち着きつつあります(ホントか?)

でも先生によっては内容がさっぱりの場合もあり、
毎回録音は必需となりました(笑)

さて、私の取っているモーダのコースの説明です。

まず、
CORSO INTEGRATO CULTURA TECNOLOGICA DI PROGETTO
これはPCの仕組みやソフトの使い方などを学ぶ授業だと思われます。

CORSO INTEGRATO LABORATORIO DEL DISEGNO
これはLavoratory、実習の授業で、デッサンをしたり、写真の講義などがあったりします。

CORSO INTEGRATO MATERIALI PER IL DESIGN
これは素材に関する授業で座卓。素材の性質と組み合わせなどを勉強する授業です。
ほぼ物理、化学よりの授業なので私には難しいです。

STORIA E CULTURA DEL PROGETTO
一般的な歴史ですが、モーダの場合はモーダ寄りの歴史になっている(みたい)
産業革命以降の機械などの移り変わりなどを勉強しています。

前期はこれだけの授業で、私の場合
月;休み
火;1日
水;1日
木;午前中のみ
金;午前中のみ
土日;休み

というまったりとしたペースです。
もちろんデッサンなどの宿題も出ますので家での復習は必須ですが、時間的に追われる事はあまりなさそうなのでホッとしています。

授業は基本的にスライドを使って進められます。
よって本などが無いので、大変。
教授があらかじめファイルをメールで送ってくれて、印刷してそれを持っていく場合もあるのですが、何もなく調べものは自分達でしなさいという先生もいて、ノートを取るだけで時間がすぎていく先生も居ます。

取りあえず、今のところ理解率は6割位。
でも残りの4割に大事な情報が入っている場合もあるので、分からないところは聞きまくることが大事かな?って感じですね♪

私も助けてくれるお友達を着々と増やしつつ、がんばってますよ!

家のトラブル

幸か不幸か、引っ越し早々に家のトラブルが多発
(前にも書いたよね)

イタリアでは、電気屋さん(elettricista)、水道屋さん(idraulico)、などど専門分野に分かれた修理屋さんが居ます。
もちろん電気、水道、壁塗りなどすべてする器用な人も居ます。

イタリアの家の修理は非常に大変。

家を借りる時はきちんと確認して入るに越した事は無いでしょう。
そして、出来るだけ修理が終わった状態で入られる事をお進めします。

さて、この電気屋さん、修理のためのアポイントを取るのが結構大変。

こちらから時間の指定は出来ず、電気屋の指定する時間を断れば次何時来てくれるか分からないのがイタリア。

しかも、アポイントがあったとしても、急用が入ったりするとドタキャンもありえます。
(しかも連絡無しで!!)

私はこのドタキャンに2回も会ってしまいました。

そして、見に来てもらうだけでも出張費が50ユーロ前後かかるとの事。
(直す直さないに限らずですよ!)

もちろん修理なので、1回で終わるはずも無く、2回、3回と出張費を取られて、修理に高い金額を払っても、数ヶ月でダメになるケースも多いとか。

電気屋、水道やはある意味言い値らしいので、知り合いのつてなどを辿ってお願いする事が一番うまくいくそうです。

さて家の電気。(現在回線が壊れて使えなくなってます)
10月の初日からなのでかれこれ10日間、暗い状態で生活しています。

まぁ、それなりに良い経験にはなったけど。。(涙)

これからのイタリア生活が楽しみです。

大学の授業開始

大学は10月の1日から授業開始でした。
開始日はネットのWebpoliselfで確認することが出来ました。

授業開始前の9月26日頃に各教授の説明会のようなものがありましたが、どんな授業をするのかというのの説明でスライドを見るのみ。
(正直行かなくてもよかったような気もします)

授業は、初日から説明のあった授業もあれば、いきなり授業を始める先生もいました。
しかも前日にメールで教材が送られてきて、それをプリントアウトしてもってこいとのこと。
正直焦りました。
(メール見れなかったし、プリントもっていってなかったので)

ということでまず、

大学ではコンピューターは必需品。ネットも使えないと意味が無い!


そして授業は。。(詳細は後ほどかいていくよていですが)
ほとんど座卓の授業です。

座ってノートをとって話を聞いてのくりかえし。

教科書は私の授業ではまだ何も買ってないです。
(というか必要かどうかもわからない。。)

何もかもが手探りの状態なので、ほんとドキドキ。

抜き打ちテストみたいなものもあるし。。

さて、私はどうなることやら。
取りあえずイタリア語の会話を上達させないとテストにパスすることは出来ません。。(涙)

めちゃくちゃ

最近ブログをご無沙汰していました。
まず、10月に引っ越しをしたのですが、引っ越し初日に電気の回線がやられ停電。
あえて生きている少しの電源からランプで光をとり、生活していました(涙)

そしてネットも電話回線が死んでしまったので出来ず。。
今日ようやくTelecomのお兄さんが来て直してくれたので、ネットが使えるようになりました。

そして家。
広くて良い家なんだけど、いろんな物が古くて、
しかも前の住人が汚れた状態で出て行ったので、掃除が大変。

毎日大学へ行って、帰ってからランプの明かりで掃除しての繰り返し。

最近お疲れです。

そして大学。

先週から始まりましたが、教授の話が結構ちんぷんかんぷんです。
日本から録音できるipodを持ってきたので、毎日授業を録音しています。
が、電気が無いので勉強も出来ず。。

イタリア生活、良いところもあるけど、基本的にはpazienzaなのね~(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。