2010年11月

Permessoの招集へ!

先日申請したペルメッソ。

早くも2週間後の招集の日がやってきました。

早くも、もらったアポイントメントの紙の住所が存在しない(汗)


焦りながら歩いていると、Questura(警察)の事務所があったので駆け込み、
そこから入れる事が判明。


「まだできてないんだろうなぁ」と諦め気味だったのですが、

待つ事2時間。




名前を呼ばれていくと、そこで再度書類のチェック。


今回提出(提示)したのは

※ パスポート
※ 残高証明書
※ 大学のiscrizione と去年のテストの結果
※ 写真2枚
※ Cud とcontratto di lavoro (あれば)

特にテストの結果はオリジナルを送ってしまったらしく見当たらず。

その旨を説明したらPCのデータを一緒に見て、これが何~って説明しながら作業を進めていきました。

(私の見たところでは、郵便局から送付したkitに添付しておいた書類はスキャンされてデータとして管理されており、閲覧可能なようです)



そして毎回、「今年で卒業できるの?」って聞かれます。


今回、家の近くのクエストゥーラに行ったのですが、指紋をかなり念入りに取られました。

最初は小さな機械で写真と署名のデータと共に。

次は別のパソコンでスキャナーのような大きな機械に手のひらまでべったりと。



取り合えず無事に終わってよかったです。

受け取りは12月の半ばらしく、仕事早くなったなぁ~とビックリ。



でも、担当のお兄ちゃん、訛りがある上に声が小さくて、その上早口で、何言ってるのかわからず。

ちょっと困りました。





終わり良ければ全て良しということで。。。






読んでいただいてありがとうございます。

更新の励みになります。
ぽちっとお願いしまーす♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

スポンサーサイト

ミラノでカーシェアリング♪

ミラノでのバイクシェアリング(レンタル自転車)に続いてカーシェアリングサービスが始まったようです。


その名も

guidami

HPを見てみましたが

※ 1年間で120ユーロ
その他は走行距離、予約時間によって追加料金が借りた都度かかる。


※ Provaとして3ヶ月50ユーロのプランもある。
良ければその後12ヶ月毎の更新となる


※必要な書類は 免許証、Carta d'identita'(又はパスポート)Codice Fiscale

※ 申し込み、予約はオンラインで可能



車を持つほどではないけど、ちょっと必要なときがある。など便利ですよね。


ただ車に「GUIDAMI」ってロゴが思い切り入ってるので、
ミラノから出るときは恥ずかしいかも。。



ここ数年のミラノを見ていると、色々進化しているなぁと感心させられます。





いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア人と働く

今日はイタリア人と働くということについて書いてみようと思います。

今のバイト先にはイタリア人が沢山居ます。

私はカメリエーレをしていますが、イタリア人と働いて思うことは

良くも悪くも自己中心的な人が多い

※ 当然ですが全員ではありません。一般論です。



私の職場は、各自が自分の担当するテーブルをいくつか持っていて、
尚且つ1人、全員のヘルプをする人がいるという組み方なのですが、



このヘルプの人が日本人だと、

「相手がして欲しいこと。忙しい時間にやってもらえれば助かること」を考えながら仕事をします。

※ 当然ですが全員ではありません。一般論です。


これして! って言われなくても、自分が出来る事を探すことが出来ます。



が、イタリア人がヘルプになると

「何かすることあったら言ってね~♪」

で、目に付いたこと&頼まれた事をします。






例えば、狭い通路で、一人が両手に料理の皿を持って歩いていたとします。

(大抵の)日本人であれば、その状況を見てさっと横にどいたり、道を空けたりすることが多いと思います。



イタリア人はそのままツカツカと歩いてきます。



自分の体調が悪いとき、疲れているとき、気分が乗らないときなど、イタリア人は

「今日は気分が悪くてできない。」と言います。


日本人だとよっぽど熱があるとか、お客さんの前で咳が止まらないとかの理由がないとそんなこと言えないですよね。


それもちょっとん~。。と思うところ。

働きに来ている=お給料を貰っている ならそれなりの働きをしなさい!と思うのは私だけでしょうか?





ささいな違いなのですが、これはイタリア人に説明しても分かってもらえないことだと思います。

イタリア人は仕事であっても「自分」を大事にし、

日本人は仕事になると「自分を殺して」周りに溶け込もうと努力する。



もちろん、イタリア人が悪いと言っているのではなくて、

彼らは場を盛り上げてくれたり、接客がとても上手だったりするので、レストランには必要な人材。




ただ、一緒に働くとなると日本の方式、イタリアの方式を押し通していればうまくいくはずがありません。

お互いのいい所を伸ばせるように、

イタリア人の働くモチベーションをあげられるように努力もしないといけないんです。




多分まだまだつづく。。







いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ネットショッピングのコツ

  • 徒然記
今回はイタリアにはあまり関係の無い話を。。


私は日本に居たときからネットショッピングを良く利用していました。

稼ぎもまぁまぁあり、お洋服には月5万とか決めて、
その範囲内で欲しいものを買ったり。。

今までで多分ん百万はネットショッピングに使ってると思います。


で、イタリアに来てからも、友達や相方が来るときにお洋服をポチっと買って持ってきてもらうのですが、

最近の日本のネットショッピングは酷い。。。



今はお気に入りのお店でしか買っていませんが、

Yahooや楽天を見ていると、ものすごく激安のお店がありますよね。

ウールのコート3000円とか。



こういうお店で買おうと思ったとき注意してください。


モデルさんが着てる服と実際に発送される服が違う場合が良くあります。

届いてから、モデルさんのような質感ではないとか、

ファーがやすっぽいとか。



私が思う、こういうお店の見分け方は、


※ 価格帯 (異常に安いお店は中国での委託生産。当然縫製も悪く、生地の質も悪い事が多いです)

※ 注意書き
商品は海外からの輸入品となりますので縫製が甘かったり・スレ・汚れ・色ムラ等、
製造段階でのインクとび、色抜け部分、傷などがある場合もございます

→→→→ 明らかに画像とは違う商品が届きますよと言っているようなものでは?

※ 返品について
通常は到着後1週間は返品可能。それより短い期間の場合は返品させまいという魂胆が見える?

また不良品以外の返品交換は不可というのもどうかなぁ?と。。。



結論から言うと、こういう激安で海外委託生産のお店では購入しないと私は決めています。
インナーとかなら良いんだけど、コートとかニットとかで着れたためしがない。。



生地もそうですが、形が違ったり。。

それってある意味詐欺っぽい気がしますが、それでも売れてるんでしょうね。

ファッションを勉強している身としては、

中国に生産を委託するなら、生産担当者にもう少し生地やパターンの勉強をさせてほしい。


せめて写真と商品を統一させて販売して欲しいと思う今日このごろ。








いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

Carta d'identita'

在4年目にしてやっと出来ました♪

Carta d'identita'

s-DSC_6792.jpg

s-DSC_6795.jpg

Permessoのオリジナルを手にするまで長い時間がかかり、

更にResidenzaを申請するのに更に長い時間がかかり、

今回ペルメッソのオリジナルが11月13日で切れてしまうので急いで行ってきました。


場所はVia Larga 12 のコムーネ。


私が到着したのは朝の11時ごろ。

Via Largaの入り口から入って、一番突き当たりで番号札をもらって、その時既に待ち人115人。


こりゃ2時間コースだなぁと思っていると、えらい順番が早く進んで、

1時間くらいでできるかなぁと思ったら。。。

26個ある窓口のうち半分が11時45分からお昼休憩のため閉まり、番号は進まず。。

結局2時間待ちました。



必要な書類は

パスポート

証明写真3枚

オリジナルのペルメッソ

費用 5.42ユーロ



朝8時半か9時から15時半まで空いているようですが、
出来れば11時45分~12時45分までは窓口の数がぐんと減るので、
アサイチかお昼過ぎに行かれることをお勧めします。



登録の際に、

あなたの身長は? って聞かれて、私が答える前に170?って。。

ワタシ、158センチなんですけど。。イタリア人の平均は170くらいあるのかしら?

2センチサバ読んで160にしてもらいました。笑


手続き自体は簡単なものでしたよ。



これで、イタリアの免許証の申請が出来ます。


(お金ないけど)車やバイクを買うことも出来ます。


やっとミラノ市民になったんだなぁ~って、ちょっと嬉しかった出来事でした。








いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

働くこと。

日本では色々な職種で働いたことがあります。

サービス、製造、クリエイティブ ecc...


会社なり店なりで雇ってもらうとして、まず一つ目は


「完璧な会社、完璧な経営者は居ない」


「問題の無い会社、問題の無い店は殆どない」



今まで本当にひどいところもありました。

1日拘束15時間勤務とか。

休日は月1回とか。

上司の好みの服を着て来いだとか。。。


今となっては笑える思い出です。









会社というものは小さな問題が必ずあり、


それが積み重なると従業員の負担となりモチベーションが下がってしまいます。


従業員の意欲が減ると、サービスであったり、商品であったりに問題が出てきます。



上層部の人間が、部下を守ってあげる(この場合は問題を取り除く)努力をしている姿が見えないと、


いずれ従業員も辞めていくでしょう。




なぜこんな話をしているかというと、来年から小さな会社を共同経営で作る準備をしています。


わたしは社長にはならないけれど、もし従業員が増えたりしたら、人を育てる立場になると思います。


そういうときに、今まで出会った人の中で、どんな上司のようになりたいか、

そうなるにはどうすれば良いかなどを考える機会がありました。




そしてこの問題は基本的には日本もイタリアも同じ。


育った環境や文化は違うけれども、会社の抱える(人間的な)問題って基本は同じなんじゃないかなと。。




みんなが働きやすい環境を作る。

そしてポリシーを決めたらそれを守る。



色々準備が大変です。

今は頭の中での構想ですが、年末からもっと忙しくなりそう。。








いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

4回目のペルメッソ更新

またこの時期がやってきました。

ペルメッソの更新。。

前回と同じように郵便局でBustaを貰い、

INAの保険(1年間98ユーロ)を払いに行って、

書類を調えて

※ Certificato di corso di studio
※ パスポート全ページのコピー
※ ペルメッソオリジナルのコピー
※ 残高証明書
※ 保険のコピー

と一緒にModulo 1 を記入して、


Marca da bollo (14,62だったかな?)を買いに行って、郵便局へ。


今回は書類も完璧に(笑)揃えて行ったので、手続きは10分ほどで完了。


Bustaを提出するのに支払ったお金は58.60ユーロ



そして手続き終了後、次のアポイントメントが貰えました。

なんと、3日に出したのに、18日(15日後)のアポイントが!


イタリアやるじゃん!

これですぐに指紋採取とかで1ヶ月くらいでオリジナルができようものなら、

ちょっとイタリア、見直しちゃいます。笑



何よりも、無事にもらえることが一番なんだけどね。。





いつもありがとうございます。

ついでにぽちっとして頂けたら嬉しいナ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。