スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便事情は世界最悪?

先日からしつこく更新している、小包誤輸送事件。


流れをまとめてみると


2012年2月14日 
日本からの小包が到着。が送り状は私宛で小包は違う人のものであった

(税関で2つ(もしくはそれ以上の箱の送り状を丁寧にも剥がし、てれこに送り状を貼付けた事が原因)


2012年2月15日 
SDA,Posteitalianeにメール、電話両方の方法でコンタクト。
SDA曰く国際小包は管轄が郵便局になるので、numero verde803160に電話するように言われる
(ちなみにメールはいっさい返事無し
追記 メールの問い合わせの返事は3月21日に受け取りました。numero verdeに電話してという回答と共に

私のイタリア語では状況伝達不足、交渉能力不足(笑)なため、イタリア人に全てを任せる

状況を説明し、クレーム番号(Numero Pratica)No.1を発行してもらう。

2012年2月16日 
箱に追跡番号を発見。
再度郵便局に電話し、箱に追跡番号が残っていた事を伝え、
その箱はテルニに行くべきもので、テルニに有る箱が私のものである可能性が高い旨を伝える

郵便局員(電話応対)は、テルニの荷物をブロックして、ミラノに送ると言う

(この時点でクレーム番号No.2を再発行)

2012年2月17日
郵便局から連絡があり、このミスは郵便局のせいではなく税関の責任によるものなので、
全ての箱を税関に送り返し、税関にて正しい宛先を見つけてもらうため
送り返すとの事。


ただでさえ間違いが多くやる気が感じられない税関に送り返されると
処分されて、紛失扱いになる可能性がかなり高いので、ここから必死。

なんとか箱を取り返すため、
郵便局に連絡し、

○ 取りあえずテルニにある箱が私のものか確認してほしい。

ということをひしひしと伝える。


担当者は、テルニの箱をブロックし、一旦事務所(倉庫?)に集めるとの回答。


2012年2月18日~27日

テルニの箱の追跡番号からチェックするものの、
保管となっていたり、住所間違いと出たり、配送中と出たり、配達中と出たり。
日に日に変わる表示。

システムが不具合なだけで、きっとミラノに送り返されるために、
色々頑張ってもらってるんだ!と信じていたら。。。


2012年2月27日
テルニのお届け先に配達済み との表示。

びっくりしてあわてて郵便局に問い合わせをするものの、
担当者の回答は、


我々がクレームを受け付けて、クレームの処理方法を決める担当者の手元に届くまで、
早くて2週間、長ければ40日掛かる。
このクレームに関しては、受付はしているものの、
処理方法を決める担当者の元へ届いていないため、実行はされていない。


との回答。

クレームを処理実行するまでに早くて2週間!?

あり得ないです。

そして何故かまたクレーム番号再発行No.3。



2012年2月28日

日本の郵便局から「テルニの相手先から自分の箱ではないと届出があった」との連絡があり。



同時に、イタリアの郵便局からも電話が掛かって来て

「あなたのクレームの詳細を教えてください」と。。。


しかも問い合わせ内容はNo.1の件に関してのみ。
そして、クレームを対処する人が掛けて来たのではなく、
ただのクレーム受付の人が確認するために掛けて来た様子。



いつまで同じ事を言い続けるんだ。
コンピューターで管理してないのか!
イタリア人なのに文章が読めないのか!?
何の為にクレーム番号があるんだ!(▼O▼メ) ナンヤコラーー!!



と友達がキレル。。。


そしてその担当者に、日本の郵便局ではテルニの相手先から誤送の届出があったそうだがと皮肉を言うと、


「それはイタリアの郵便局では公式に届け出が出されていません」

としゃーしゃーと良いのける。


1200キロ離れてる日本の方が、同じ国イタリアよりも情報伝達が早いなんて信じられないですよね?




と2週間以上経ちましたが、

進展は無し。です。


自分たちの箱が何処に有るか分かってるのに、

戻ってくる方法が見つけられない難しさ。。。


相手先の連絡先さえ分かれば、実費を払ってでも、お互いの荷物を送り合ったほうが絶対早い。





と、イタリアの郵便局は、カメより遅い事が判明しました。

そして、コンピューターという文明の力を使っても、

働く人が読めないという全く情けない理由で、役に立っていないようです。




無駄にクレーム番号を発行して、
クレームを処理する人の処理能力よりもクレーム数が増えて、
全く追いついていないのが丸わかり。





友達曰く、きっと箱は夏頃に配送されてくると思うよ。だって。。


マジであり得るから困る。


そのうちこのブログタイトルも odio italia(イタリア嫌い) になるかも~。。(汗)






読んでいただいてありがとうございます。

更新の励みになります。
ぽちっとお願いしまーす♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。