スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物事件の解決。

先日からお騒がせしている荷物事件。

なんとか解決しました。


が、イタリアの郵便局は結局何もしてくれませんでした。



たまたまた私が相手先の情報を探すことができ、

送り主の人に連絡が取れたため、


送り主と送り先双方に連絡を取って、


私が送料を負担して、イタリア国内で送り合って無事荷物を受け取ることが出来ました。





荷物を受け取って数日後、


イタリアの郵便局から電話が。。


(イタリア郵便局の対応に腹が立っていたので、荷物が届いてないフリで対応しました)




「日本の郵便局から調査が入りあなたに電話してるんだけど、
状況を説明してくれる?」

から入り、

今までの経緯を説明しているると、


(いつもの如く説明をさえぎり)


「ノーノー、シニョーラ、イタリアの郵便局に電話した?
イタリアの郵便局にも電話しなくちゃ、調査は進まないわよ~」と。


もちろんイタリアの郵便局にも電話して、
クレーム番号も貰って、週に何度も進展状況の確認の電話を入れてるけれど
何の進展もないと苦情を言うと、


「シニョーラ、あなた(間違って届いた)荷物まだ送り返してないでしょ?
だからクレームが止まってるのよ。」


と私のせいにされた。

今までクレーム対処の人はそんなこと一言も言わなかったのに。。





腹が立ったので、

「あのですね、イタリアの郵便局が電話をしてきて、
荷物を出さないでと言って来たんです。

人が変わる度に違うことを指示して、
毎回違うことを言われ、一体私は誰の指示に従えば良いの?
もっと的確な、統一された指示を出す様にしてください」

と負けずに言い返しました。



結局、イタリアの郵便局は

私たちが私たちの実費で荷物を交換したことは知っているけれど、

荷物届いたの。良かったわね。

みたいなスタンスで何の変化もなし。


だって荷物は正しい住所に配送されたんだもの。
伝票を入れ替えたのは税関のせいで、
私たちのせいじゃないんだもの~。


というのがまるみえな対応でした。
(実際にこのフレーズ、なんども言われました)

なんなら私たちはあなたの為に動いてあげてるのよ~、感謝してね
とまで聞こえて来そうな対応。。




日本の郵便局がいかに誠実で真面目か、よーく分かりました。





荷物が届いたからラッキーだったんだけどね、

噂では聞いていたけど、

イタリアの郵便局の対応にはほんとビックリすることばかりでした。




今回の荷物事件で分かったこと、


☆ イタリアの郵便局へのクレームのシステムは亀より遅く、
クレーム受付係からクレーム処理係まで行くのにかなりの時間日数を要する。

☆ クレーム処理は最速2週間、通常1ヶ月半、最遅で2ヶ月かかる。

☆ クレーム受付のnumero verdeを対応する人たちは冴えない人ばかりである

☆ 何かあると毎度おなじみの「私のせいじゃない」「私に出来ることは何もない」と逃げる。

☆ 日本からの調査依頼がイタリアに届くまでに1ヶ月強かかる。

☆ イタリアの郵便局は複雑なこと、一度に沢山のことを言うと処理できなくなる。混乱して余計に面倒なことになる。
(今回の荷物を2つシンクロさせて考えるなど、到底無理でした)


☆ 私の大事な荷物の紛失事件も、イタリアの郵便局から見れば数十万個の紛失荷物の一つ。
よって対応もそんなもんである。

☆ 日本の郵便局からの問い合わせ、調査依頼もイタリアの郵便局はなぁなぁな感じで対応しているらしい。
(国際小包に関しては紛失があった場合補償するのはイタリアではなく日本なんですよね。
ほんと納得いかないというか、イタリアで紛失しているのにねぇ。。)





この事件はなんとか解決したので、もう忘れることにします。


いちいち根に持ってたらイタリアに住めたもんじゃない(笑)


もうこんな事件は起こりません様に。。





読んでいただいてありがとうございます。

更新の励みになります。
ぽちっとお願いしまーす♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。