スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペルを伝えるのって大変!



本日、アリタリアに夏のチケットを購入するため電話したのですが、

(我が家は犬が居るのでコールセンター経由で予約します)


いつも思うのですが、電話でのスペルを伝えるのは本当にめんどくさい。



イタリアに来て、一番最初に覚えるべき事は、如何に自分の名前のスペルを伝えるか。ではないかと。。。



ここにスペルの一覧を参考までに。

A come Ancona
B come Bergamo
C come Como
D come Domodossola
E come Empoli
F come Firenze
G come Genova
H come Hotel (non si usano città)
I come Imola
J come Jolly
K come Kappa
L come Livorno
M come Milano
N come Napoli
O come Otranto
P come Palermo
Q come Quadro (non si usano città)
R come Roma
S come Siena
T come Torino
U come Udine
V come Verona o Venezia
W come Washington (usa wafer o water se no)
X come X-ray
Y come Yacht o yogurt
Z come Zara



電話での説明の仕方は、

例えばタナカ ジロウさんの場合、

TANAKA JIROU と書きますよね。

で、
T di Torino
A di ancona
N di Napoli
A di ancona
K di Kappa
A di ancona

J di Jolly
I di Imola
R di Roma
O di Otoranto
U di Udine


と説明しなければいけないのです。

名前はまぁ覚えてるにしても、

メールアドレスや住所などもたまに聞かれることもありますので、

このスペル一覧は見ておくと便利です。



と、今日スペルを説明するのに結構大変で、

その上電話の雑音もすごくて、


Eチケットが届かないと。。。



明日また電話しなくちゃいけないので、私もおさらいしています。





読んでいただいてありがとうございます。

更新の励みになります。
ぽちっとお願いしまーす♪



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。